熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

熟女世代

更年期の気になる脂肪は燃焼と代謝促進で解消!

投稿日:

                                   
                                      太る                                   
                                  

若いころはダイエットしたらすぐに体重を落とせたのに、と体の変化を感じている方もいるでしょう。もしかしたら更年期障害の影響かもしれません。体形が変わっていくことは、女性にとって大きな悩みです。太りやすくなった原因や、太りづらくする対処法などをご紹介します。肥満対策をして、健康的な生活を目指していきましょう。

お腹ポッコリは基礎代謝量の低下から

基礎代謝

更年期とは、閉経前後10年の期間のことです。一般的には、40代50代頃に迎える方が多いようです。女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、いろいろな症状が起きやすくなります。

最近お腹がポッコリしてきたな、と感じることはないでしょうか。年齢が上がるとともに、基礎代謝量が低下するので、若いころと同じ食事をしていると体重が増えてしまいます。

エストロゲンが減少したことで、脂肪の代謝が滞り、内臓脂肪が増えやすくなるのも、お腹ポッコリの原因とも考えられます。血流の悪さによっても、むくみも出やすくなるため、太ったように見えてしまうこともあるようです。

ホルモンバランスの乱れからくる体重の変化

女性ホルモン低下

更年期に入ると、太りやすくなる人が多いようです。エストロゲンが減少することでホルモンバランスが崩れ、自律神経に影響が出ます。精神面での不安定さがストレスを生み、イライラしてしまい体重が増えてしまうことがあります。

エストロゲンは、内臓脂肪を溜めづらくする働きも持っています。それが減少することで、内臓脂肪を溜めやすくなり、体重増加に繋がってしまいます。

反対に痩せてしまう方もいるようですが、その違いはどこにあるのでしょう。こちらの場合も、自律神経の乱れが関わっています。消化機能が低下して食欲不振になり、胃もたれなどの症状を引き起こします。結果、食欲がわかない状態になり状態になり、体重が減ってしまいます。

太りやすい方も痩せやすい方も、ホルモンバランスの乱れが原因となり、様々な症状として体に現れてくるようです。太りづらい、痩せやすい、どちらも女性にとっては悩みの種です。健康に過ごすために対策を学び、予防していくことが大事です。

適度な運動と食生活改善で脂肪を燃焼

運動

気になる脂肪は、どうやったら解消できるのでしょうか。基礎代謝が低下して脂肪を溜め込みやすくなっているので、その代謝を上げることが解消のカギとなります。

年齢を重ねるとともに、筋肉量も減っていますので適度な運動が必要になってきます。普段から、運動をする習慣がある方はいいのですが、今までそのような習慣がない方が、急に始めるのは難しいことです。

日常生活の中で、出来ることを少しずつ始めてみましょう。エスカレーターではなく階段を利用してみたり、バス移動を徒歩に変えてみたりと、小さなことから意識が変わってくると思います。

時間があるときには、ストレッチやウォーキングなど軽めの運動をすることがおすすめです。生活習慣を改善し、質の良い睡眠をとることによって、血行促進され冷えが解消する、など更年期脂肪抑止に繋がっていきます。あわせて食生活もバランスの良いものにするよう心がけると、体にうれしい変化が出てくるでしょう。

漢方薬で代謝や血行を促進

漢方

運動や食生活の改善も大事なポイントですが、更年期の肥満に効く漢方薬もあります。ドラッグストアなどで売られているので、目にする機会も多いかと思います。中でも、代表的な漢方薬をご紹介します。

食事したものをエネルギーに変え、代謝の働きを助けてくれる大柴胡湯(ダイサイコトウ)という漢方薬があります。柴胡(サイコ)、オウゴン、ダイオウ、キジツ、タイソウ、シャクヤク、ハンゲ、ショウキョウなどの生薬が入っています。肝臓で脂質代謝を促す作用が期待できます。食べたものの脂質の吸収を抑えて肝臓で燃焼させ、大腸ですっきりと外に出す、というリズムを整えてくれます。

その他にも、体に蓄積している老廃物を出し、血行や代謝を良くしてくれる「防風通聖散」(ぼうふうつうしょうさん)や、慢性的な血行循環不良を改善する「桂枝茯苓丸」(けいしぶくりょうがん)などの漢方薬があります。こちらも代表的な漢方薬として知られています。

自己判断で自分にぴったり合う漢方薬を見つけるのは難しいので、病院や専門店などで相談することをおすすめします。漢方という生薬を取り入れながら、肥満対策をすることもできるので、改善策の一つとして使ってみるのも良いでしょう。

まとめ

更年期によって基礎代謝量が落ち、脂肪が落ちにくいことがわかりました。若いころの食べ方は、だんだんと体がついていけなくなっています。逆に無理なカロリー制限や過度な運動は、体調を崩す原因にもなりますので、気を付けることを心がけましょう。

無理のない食事内容や適度な運動を、継続させていくことが大切なポイントです。更年期は精神的にも不安定になることもあるので、うまく付き合っていくためにも体を動かすことは心身ともにプラスに働きます。体重増加を抑えながら、気分も明るく前向きな生活を送っていきましょう。

-熟女世代
-,

執筆者:

関連記事

白髪になる原因と黒髪を保つためのケア方法

白髪を発見すると軽くショックを受けます。何だかトシをとった様な気がして凹んでしまいます。そんな白髪が出来る原因と作らないための予防方法をご紹介します。 関連記事はこちら頬のたるみを解消して10歳若返る …

ほうれい線が出来る原因と簡単に出来る3つのケア

ある程度の年齢になった時、鏡を見てほうれい線が目立つようになったと感じます。このほうれい線が出来る原因と簡単に出来るケア方法を3つご紹介します。 関連記事はこちら40代からの抜け毛予防・カンタン!3つ …

40代から増える尿漏れ!自分でできる3つの簡単ケア

咳やくしゃみをしたとき、トイレに入った途端に、尿漏れ・・・。 ほんのちょっとの量でも本人にはショックです。でも、なかなか人に話しづらいことですよね。 どんなことがキッカケで尿漏れとなるのでしょうか。 …

更年期の原因とは?症状と適切な対処方法

更年期とは、『 閉経の前後の期間 』をいいます。一般的に閉経は50歳前後で迎るといわれ、その前後の40代半ばから50代半ばが更年期にあたります。ただし、あらわれる期間や症状には個人差があります。 関連 …

見えない内臓脂肪をセルフチェック!日頃出来る落とし方

外から見えない内臓脂肪を自分でチェックして日常生活の中で出来るエクササイズや食生活などの改善方法があります。内臓脂肪が身につく原因と共にご紹介します。 関連記事はこちら更年期やたらと眠い症状を軽減する …