熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

美肌

美しい肌を手に入れるためには体の中から!美肌レシピをご紹介

投稿日:2019年2月16日 更新日:

                                   
                                      鍋                                   
                                  

輝くような美しい肌を手に入れたいと思っている女性は多いでしょう。けれども、スキンケアばかり頑張っていても、栄養バランスが乱れや肌に悪影響の食事ばかりではせっかくのケアの意味がありません。そこで、今回は美肌を手に入れるためにおすすめのレシピをご紹介していきましょう。

美肌のポイントは腸

お腹を温める
体の中から美肌を目指すためのポイントの一つが「」です。腸の状態によって体調が悪くなったり、肌トラブルの原因となったりします。また、便秘が続くとさまざまなトラブルが起こります。

便は、食物の栄養が吸収された後に不要になったものの塊です。体外に排出されるべき便が腸内に留まり続けることで、腸内には悪玉菌が増加します。

そのために、全身の血行が悪くなり、自律神経の働きも乱れることがあります。さらに、溜まった便でお腹が圧迫されることで食欲が落ちることもあります。

腸内に便が溜まっていると悪玉菌が増加して、有害物質を発生させます。有害物質が吸収されて血液に混ざって全身に運ばれます。肌から汗や皮脂に混ざって有害物質を排出しようとしますが、新陳代謝が追い付かなくなります。そのために、肌トラブルが起こります。

このような便秘を改善するためには、腸内環境を整えることが大切です。そのためにできることが食事の見直しです。つまり、腸内環境を整えるレシピが美肌レシピになるということです。

腸内環境を整える美肌レシピ

腸

腸内環境を整えて、便秘を改善できる美肌レシピを2つご紹介しましょう。

大麦とさつまいもの豆乳スープ
ひじきの煮物

大麦とさつまいもの豆乳スープ

材料:大麦大さじ3、オリーブオイル小さじ1、にんにく(みじん切り)1/2片、玉ねぎ(みじん切り)1/4個、塩少々、さつまいも120g、白ワイン大さじ2、水1と1/2カップ、豆乳1カップ、塩コショウ

作り方:
1.鍋にオリーブオイル、ニンニクみじん切りを入れて弱火で火にかけ香りがでたら玉ねぎみじん切りを加えて、塩を振り中火にしんなりするまで炒めます。

2.大麦と角切りしたさつまいもを加えてさっと炒めた後、水や白ワインを加えて柔らかくなるまで約10分程煮ます。

3.豆乳を加えて弱火で3~4分煮て塩コショウで味付けして、出来上がりです。

ひじきの煮物

ひじきにこんにゃくなどを入れて煮ることで食物繊維をたっぷりと摂取できます。

材料:
芽ひじき15g、こんにゃく1/2枚、にんじん1/3本、油揚げ1枚、ごま油小さじ1、醤油大さじ1と1/2、だし汁3/4カップ、砂糖大さじ1、みりん大さじ2

作り方:
1.ひじきは水でもどしてから、にんじんやこんにゃくの短冊切り、油揚げはキッチンペーパーで抑えて余分な油をとって短冊切りにします。

2.フライパンにごま油を熱して1を炒めます。

3.油が回ったら、だし汁などを加えて2~3分、醤油を加えて汁気がなくなるまで煮たら出来上がりです。

美肌のための栄養素

フルーツ

美肌レシピを考えるうえで一番大切なものは肌によい栄養素をプラスすることです。とくに積極的に摂りたい栄養素は、ビタミンE,C,A,B群、鉄、タンパク質などです。

ビタミンE は抗酸化作用があり、シミやしわの原因ともなる活性酸素を除去して、美しい肌へと導いてくれます。また、ホルモンバランスを整えてくれるので、肌トラブルの改善にも効果が期待できます。

ビタミンCは、コラーゲン生成に必要な栄養素で抗酸化作用もあります。鉄分の吸収も助けてくれます。

ビタミンAのなかでもβカロチンは、抗酸化作用が高く、肌や粘膜を保護してくれます。

ビタミンB群は、疲労回復効果やタンパク質の代謝などの働きがありますので、ストレスが原因の肌荒れなども改善してくれます。

鉄分は、赤血球を作り、コラーゲンや粘膜の生成を助けます。鉄分が不足することで血行が悪くなりくすみや肌荒れの原因になります。

タンパク質は、体を作る基本となる栄養素で、不足すると新陳代謝が悪くなり、肌の老化や肌荒れなどを起こします。

ビタミンを摂って美肌になれるレシピ

鍋

ビタミンをバランスよく摂取することが美肌への近道だということはわかりました。そこで、ビタミンをたっぷり摂れるレシピをいくつかご紹介していきましょう。

ビタミンホットサラダ
鶏レバーの煮物
鶏ささみと小松菜のスープ

ビタミンホットサラダ

材料:アボカド1/2個、ニンジン1/4本、かぼちゃ40g、サラダチキン、ブロッコリー30g、パプリカ40g、ドレッシングお好みで

作り方:

1.アボカドは種をとり、皮を外して、サイコロぐらいの大きさに切ります。パプリカは
薄切りにしておきます。サラダチキンは食べやすい大きさに裂いておきます。

2.ニンジンは皮をむいて、さいの目に切って茹でます。かぼちゃは種をとり、一口大にカットしてレンジで柔らかくなるまで加熱します。ブロッコリーも食べやすい大きさに切ってゆでます。

3.すべての材料をお皿に盛ったらお好みのドレッシングでいただきます。

野菜たっぷりでビタミンをバランスよく摂取できます。トッピングを変えて飽きずに食べられるのも魅力です。

鶏レバーの煮物

ビタミンB群が多く含まれる鶏レバーを使った煮物はニキビの予防などに役立ちます。

材料:鶏レバー70g、ショウガ5g、ウスターソース18g、オイスターソース6g、酒8g、みりん5g、水30ml

作り方:
1.鶏レバーを水洗いしたら、食べやすい大きさにカットします。
※血の塊は取り除きます。
2.生姜は千切りにします。
3.鍋に調味料と鶏レバー、ショウガを入れて15分ほど煮て完成です。

鶏ささみと小松菜のレモンスープ

レモンでさっぱりとおいしいスープです。

材料:塩レモンみじん切り大さじ2、鶏ささみ4本、小松菜1束、塩コショウ少々、水1リットル、酒大さじ1

作り方:
1.鶏ささみと塩レモンのみじん切りをよくもみ込んでつけておきます。

2.小松菜を1センチほどにカットする。

3.鍋に鶏ささみと酒を入れて蓋をして蒸し焼きにします。

4.鶏ささみに火が通ったら出て細かく裂いてから鍋に戻します。

5.鍋に水を入れて沸騰したら小松菜を入れて柔らかくなるまで煮ます。

6.最後にアクをとって、塩コショウで味を調えたら完成です。

美肌に不可欠なビタミンをバランスよく摂ることを心がけたレシピを意識して、毎日の献立の中に入れていくと、体の中から美肌を目指せます。

まとめ

美しい肌の女性は何をしているのか気になることがあります。スキンケアはもちろんですが、食事にも気を使っていることが分かるのです。

美肌のためのスキンケアは大切ですが、それだけでは美しい肌をキープすることはできません。体の中からきれいになれるものを積極的に摂取することで、肌トラブルの起きにくい健康的な肌を手に入れることができます。

今回ご紹介した美肌レシピは、一般的に手に入る材料で簡単に作れるものばかりです。毎日の食事にプラスすることで、美肌を目指しましょう。

-美肌
-,

執筆者:

関連記事

シミを薄くする化粧品を知りたい!どんな成分がおすすめなの?

できてしまったシミは、どのような種類であっても薄くするのに時間がかかります。特にできてから年数が経過しているシミはなかなか薄くなりませんが、適切な成分でケアをすれば、多かれ少なかれ薄くすることは可能で …

リコピンがこんなにも注目される理由【体が喜ぶ3つの効果】

今や、知らないという人の方が少ないのではないか、と言うくらいにリコピンは認知度が上がってきています。何となく体に良いのは知ってるという方も多いと思いますが、実はリコピンには驚くほど優れた健康効果がある …

垂れ尻がみるみる上がる!きつい筋トレ無し、たった3つの方法

いつの間にかお尻が垂れて何を着ても決まらない!と思ったことはありませんか?キツイ筋トレをしないで垂れ尻をアップさせる3つの方法をお知らせします。 関連記事はこちらリコピンがこんなにも注目される理由【体 …

50代からの美白と自宅で出来る3つの簡単ケア方法

50代になって思うようにお肌の状態が良くならないと思いませんか?最近シワ・シミ・たるみが出て来たその原因は何でしょうか?若い頃と違ってお肌の回復力が下がって、なかなか思うよう美白できないと言う事はあり …

コップに水を注ぐ

美肌作りには必須な水分のうれしい効果と上手な摂り方

私たちが生きていく上で、水はなくてはならないものです。人体の60%は、水で出来ていると言われています。その水分は年齢を重ねるとともに減っていき、肌の乾燥もひどくなることもあります。毎日のお手入れで、化 …