熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

美肌

お肌の乾燥がしわの原因!?自分でできるケア方法でしわを撃退!

投稿日:2019年2月10日 更新日:

                                   
                                      シワ たるみ                                   
                                  

しわといえば、年齢を重ねることで自然と増えてしまうものと思っている方も多いでしょう。けれども、加齢だけがしわの原因ではありません。実は、肌に潤いが不足して乾燥することがしわの原因となっています。加齢が原因のしわとは違い、乾燥が原因の場合には保湿などで撃退することができるのです。その方法をご紹介しましょう。

肌が乾燥している状態とは

肌荒れ

乾燥が原因でしわができてしまう場合には、肌は潤い不足の状態です。肌の表面にある角質層という層が潤い不足になると肌が硬くなり、厚くなってしまいます。この状態は肌にしなやかさがないので、どうしてもしわになりやすく、できてしまったしわも目立ちやすくなります。

角質層は、水分を保って肌に潤いをキープする働きがあります。角質層にしっかりと水分をキープしていると、紫外線などの外部刺激の影響を受けにくくなります。

しわの原因となるような乾燥肌をそのまま放っておくと角質層の状態はさらに悪化して、肌の水分が蒸発しやすく、乾燥がすすんでしまいます。ですから、早めの対策が必要なのです。

乾燥によるしわの原因

眉間のシワ

肌が乾燥している状態だとしわができてしまうのは、なぜなのでしょうか?いくつかの原因が考えられますので、ご紹介しましょう。

紫外線などの外部刺激
間違ったスキンケア
環境や季節

紫外線などの外部刺激

紫外線をたくさん浴びてしまうと肌は乾燥しやすくなります。乾燥によってできるしわの原因のひとつが紫外線です。紫外線を浴びると角質層の状態が乱れてしまいます。そのまま放置すると紫外線による肌への影響が大きくなるので、余計に肌の潤いを失います。それが、小じわができやすくなるという悪循環となるのです。

間違ったスキンケア

自分では正しいと思っているスキンケアが実は間違っている事があります。それが、肌の保湿力を弱めてしまい、乾燥を招いてしまいます。たとえば、洗浄力の強い洗顔料などで強くこすることや、シートタイプのメイク落しを毎日使っているなどは乾燥を招いてしまうので気を付けましょう。

環境や季節

肌は、環境の変化や季節の変化の影響も受けています。とくに湿度が低くなる季節や強い風で肌が乾燥してしまうことがあります。冬は湿度が低く、暖房などで室内も乾燥しているので注意が必要です。湿度が高い夏でも冷房が効いた室内も乾燥していますので、肌の乾燥の可能性があるので気を付けましょう。

ほうれい線も乾燥が原因

シワ

 

加齢によってできると思われているほうれい線も実は乾燥が原因となっている可能性があります。もしも、乾燥が原因のほうれい線なら、できるだけ早く対処することで改善することができます。

ほうれい線は、頬と口や唇のまわりの境界線にできるです。しわのように見えますが実は溝で誰にでもあり、年齢と共に目立ってくるので加齢が原因と考えてしまうのです。

けれども、20代でもほうれい線が目立ってしまう人がいます。これは、肌の乾燥が原因でできている細かいしわだからです。乾燥が原因のほうれい線の場合には、しっかりと保湿ケアすることによって目立たなくできます。

乾燥が原因のしわには保湿

乾燥が原因でできてしまったしわをケアするには保湿が一番です。肌を効率的に保湿していくポイントをご紹介しましょう。

皮膚の薄い部分をしっかり保湿
化粧水と乳液で保湿
コットンパックがおすすめ
室内も保湿
蒸しタオル美容法

皮膚の薄い部分をしっかり

乾燥によるしわができやすいのは、目の周りや口の周り、額などの皮膚が薄い部分です。これらのしわを改善するためには、皮膚が薄くてとくに乾燥しやすい部分を重点的に保湿する必要があります。皮膚が薄い部分は保湿ケアとともに、乾燥による外部ダメージも受けやすいので余計な刺激を与えないようにしましょう。

化粧水と乳液で保湿

化粧品はいろいろありますが、毎日の保湿ケアに必要なのは化粧水と乳液です。化粧水だけとか、乳液だけのケアは間違っています。化粧水で水分をしっかり補ったうえで乳液や保湿クリームで蓋をすることで潤いをキープすることができます。

保湿ケアのタイミングは、入浴後、朝や夜の洗顔後、クレンジング後です。化粧水や乳液は肌にしっかりと浸透させるためにハンドプレスしましょう。

コットンパックがおすすめ

保湿ケアでより潤いを与えるためにはコットンパックがおすすめです。コットンパックは、肌の乾燥を防いでくれます。けれども、間違ったやり方は肌に負担となり乾燥によるしわを悪化させてしまう可能性もあります。

コットンパックをする場合には、10分以上放置しないようにしましょう。時間を測って長くなりすぎないように注意が必要です。化粧水の種類によっても肌への吸収率が変わるので、さらっとした化粧水は短めに、とろみのある化粧水なら少し長めにしましょう。

室内も保湿

環境や季節による乾燥が肌に負担をあたえてしまいます。そこで、部屋が乾燥している時にはしっかりと加湿器や加湿ペーパーなどを活用して適湿をキープするようにしましょう。冬だけでなく、冷房や扇風機を使う夏も室内は乾燥しやすいので注意しましょう。

蒸しタオル美容法

簡単にできてしっかりと効果を実感できる、蒸しタオル美容法もおすすめです。スキンケアをする前に、蒸しタオルを顔にのせることで角質が柔らかくなるので毛穴が開いて、化粧水や乳液が浸透しやすくなります。

蒸しタオルは、タオルを濡らしてからくるくると巻いてラップで包んで電子レンジで40秒前後温めるとできます。取り出してすぐは熱いのでやけどに注意しましょう。

乾燥によるしわに効果的な成分

乾燥が原因のしわには、セラミドやヒアルロン酸、プロテオグリカンといった保湿成分が配合されている化粧品がオススメです。肌のターンオーバーによって作り出されるセラミドは、加齢とともに減少します。セラミドが減少すると肌が水分をキープする量も減ってしまいます。ですから、失ったセラミドを補うためにセラミド配合化粧品を使いましょう。

セラミド配合の化粧品はいろいろありますが、成分表示にセラミド2セラミド3と書かれているものがオススメです。また、セラミド以外の保湿成分も配合されているものを選ぶとより効果を実感できるでしょう。

しわに効果的なマッサージ

乾燥によるしわができている時には、血行を促進するマッサージもオススメです。血流がよくなれば、肌に必要な栄養素がしっかりと行き届くので、肌のターンオーバーが正常に行われて古い角質が排出されやすくなります。

マッサージクリームやオイルを手に取って体温で馴染ませたら、顎から耳に向かって輪郭をなぞるようにマッサージします。次に目の下から耳に向かってなぞるようにマッサージします。最後に口から頬をとおり耳へとなぞるようにマッサージします。このマッサージで顔の血行をよくして、リンパの流れをよくすることができます。

まとめ

鏡で自分の顔を見た時に、今まではなかったしわを見つけてショックを受けることがあります。しわができるような年齢ではない場合には、乾燥が原因のしわの可能性があります。乾燥によるシワは、早めに見つけてしっかりとケアすることで改善できるしわです。

肌の保湿ケアを毎日丁寧に行って、潤いをキープすることで自然にしわが薄くなってきます。できてしまったしわはメイクで隠すだけでなく、しっかりとケアして原因から改善することで、しわの改善だけでなく、予防にもなります。乾燥によるしわを見つけたら、早めに保湿ケアをはじめましょう。

-美肌
-, ,

執筆者:

関連記事

美肌には運動不足が大敵!美容に効果的な運動

美肌でいたいとは誰もが思うことでしょう。お肌の状態で見た目年齢が全然違って来ます。運動不足がお肌にどれだけ悪い影響を及ぼすのか?運動するとどんな効果があるのか?をご紹介します。   目次1 …

美しい肌を作るために欠かせない美肌菌って何?育てる方法は?

女性にとって美しい肌は、憧れです。美しい肌を作るためにはスキンケアが大切なことはよく知られています。実は、お肌の美肌菌を育てることでしっとりと潤って、肌トラブルのない健やかな肌になれると言われているこ …

美肌づくりに役立つ食べ物や飲み物って?簡単に摂れる食品をご紹介!

私たちは毎日さまざまな食べ物や飲み物を摂っていますが、その中には、美肌づくり大いに役立つ種類もたくさんあります。それでは、美肌づくりに役立ち、なおかつ毎日簡単に摂取することができる食べ物や飲みものをご …

整形は必要ない!?美肌づくりはインナーケアから!

肌トラブルはさまざまな原因で起こります。そして、その対策として思い浮かぶのが整形ですが、肌トラブルは整形することなく改善することが可能です。それでは、美肌づくりの基本について、もう一度振り返ってみるこ …

ベトナムの蓮茶は楊貴妃も愛飲した美肌と安眠に効くダイエットティー

蓮茶(ハス茶)は、ベトナムのおみやげの定番として有名です。そのふんわりとした高貴な香りだけでも魅力ですが、美肌やダイエット、さらに安眠効果もあるようです。今回は、蓮茶の分類と、うれしい効果についてまと …