熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

熟女世代

更年期の胃もたれ原因と自宅でできる改善方法

投稿日:2019年1月13日 更新日:

                                   
                                      胃もたれ                                   
                                  

更年期は、人それぞれでいろいろな症状が出てきますが、胃もたれや食欲不振などもその一つです。今回は更年期と胃もたれの関係、その対処方法について見ていきましょう。

更年期と胃もたれの関係

女性ホルモン

更年期になると、ホルモンバランスが乱れ、それに伴い自律神経も乱れてきます。女性ホルモンが閉経によって、減っているにも関わらず脳が分泌を促すので自律神経が混乱します。

脳がいくら命令を出しても、女性ホルモンが少なくなっているので命令が遂行されません。そのため、自律神経や免疫系統が乱れてしまうのです。胃腸は自律神経の影響を受けやすいため、更年期になると、胃もたれや食欲不振等の症状が出てきやすいのです。

更年期に限らず、ストレスでも同じように、自律神経の乱れから、胃腸に様々なトラブルが出てきます。

自律神経の乱れが胃もたれを起こす

自律神経

脳が出している命令が届いていないかのようになってしまい自律神経が乱れてしまうと、胃にもその影響が及びます。

☑自律神経とは
☑自律神経は乱れやすい
☑副交感神経を優位に
☑副交感神経を優位にする2つの方法

自律神経とは

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、体の内外の状況に応じて、バランスよく交代しています。交感神経と副交感神経の関係は、大昔の生活様式に当てはめてみるとわかりやすいです。

獲物を得るためにマンモスと戦うときは、交感神経が優位になっています。獲物を無事に得て、家に帰ったら副交感神経が優位になります。休憩したり、食べたり、寝たり「リラックス」するのです。

これを現代に置き換えると、仕事などで活発に動いているときには、交感神経が優位になっています。家に帰ってリラックスしているときは、副交感神経が優位になります。

自律神経は乱れやすい

現代人は忙しく、女性も働く時代なので、どうしても交感神経が優位になります。また、更年期世代は責任世代でもあり仕事をしていれば、ある程度の仕事を任されます。仕事だけでなく、後輩や部下の面倒も託され、煩わしい人間関係に巻き込まれることもあります。

仕事をしていなくても、親の介護を引き受ける年代にもなります。女性ホルモンの低下に加えストレスで自律神経は乱れやすくなってしまいます。

副交感神経を優位にしましょう

胃は、自律神経に大きく影響を受ける臓器です。胃が活発に動くときは、副交感神経が優位な時です。副交感神経が優位になるキーワードは、「リラックス」です。

ですから、自分がリラックスできる時間を、少しの時間でいいので、毎日の生活に意識して、取り入れていくようにしましょう。

副交感神経を優位にする2つの方法

副交感神経を優位にする2つの方法として、体の内側から働きかける方法と、体の外側から働きかける方法の2つを具体的に見ていきます。

今回取り上げるのは、体の内側から働きかける方法として、代表的なフィトセラピーである、ハーブティー・アロマです。体の外側から働きかける方法として、深い呼吸を促し体を緩める、ストレッチとヨガです。

胃に優しいハーブティー・女性ホルモンに働きかけるアロマ

ハーブティー

フィトセラピーってご存じですか。一言で言うと「植物の力で体の不調を整えたり、自身の治癒力を上げること」です。ヨーロッパでは医療にも取り入れられています。
代表的なのはハーブティーとアロマです。

リラックス効果があり、それだけで副交感神経に働きかけるのでよいのですが、微量ながら薬効成分も持っています。

ハーブティー

胃にやさしいハーブティーは、カモミール・ペパーミント、ベルベーヌです。カレンデュラは粘膜を保護します。ラベンダーは神経性胃炎にも効き、リラックス効果も高いです。

サンシャインハーブと呼ばれているセントジョーンズワートは、暗い心に明るさを取り戻します。ローズは、見た目も華やかなので、明るい気分にもなります。

チェストベリーは更年期世代には欠かせない、ホルモン調整効果があります。色々ブレンドして飲むことができるので、飲みやすい組み合わせを見つけて、飲むようにしましょう。

アロマ

アロマ・ハーブ

アロマで女性ホルモンを整えるのは、ゼラニウム・クラリセージ・イランイランです。気持ちを鎮めて不眠にも効果があるのは、ラベンダー、カモミール、ネロリ等です。

忙しい仕事や家事が終わった後に、少しの時間でもよいので、ゆったりとした音楽をかけながら、自分だけのリラックスした時間をもつことを心がけるようします。

深い呼吸を促すヨガやストレッチ

ストレッチ

副交感神経優位にするためには、呼吸を深めることも大切です。長く深く吐くことを意識すれば、自然と呼吸は深くなります。

深呼吸も吐く息から、力を入れすぎないようにして、長く深く吐くことから始めると、深く吸うことができます。ゆるいストレッチやリラックス系のヨガは、呼吸を重視しますので、副交感神経優位になる運動です。おすすめのヨガはリストラティブヨガと、陰ヨガです。

リストラティブヨガ

ヨガ

リストラティブヨガは、「ゆだねるヨガ」といわれているように、マットやボルスター、ブランケットなどの補助道具に、積極的に体を預けて、リラックスを促していきます。

補助道具にもたれて座ったり、寝転んだりして、補助道具が体を支えてくれことを感じながら、深く脱力して、体を緩めていきます。1ポーズ5分から、長くて20分とっていくことで、完全に体を休息させるヨガです。

陰ヨガ

陰ヨガは、中国の陰陽思想に基づいたヨガで、昼間の太陽が出ているとき、活発に動く時間帯を「陽」、太陽が沈み、月が昇る時間帯は、「陰」としています。

時間帯だけでなく季節も、春から夏にかけては「陽」、秋から冬にかけては「陰」、となります。交感神経と副交感神経との関係に似ています。

主にマットに横になったり、座ったりする姿勢で、長い時間ポーズを続けて行います。筋肉の動きを止めた中で、関節内の組織が、じんわりと伸びていくのを、感じていくヨガです。

副交感神経が優位になるヨガなので、胃腸の調子がよくなったり、不眠にも効果があると言われています。

食事を見直してみましょう

ダイエット空腹

最後に、食事を見直してみるのも大切です。脂っこいものは、年と共に胃の粘膜が薄くなってくるので胃もたれを引き起こしやすいです。また、胃もたれを引き起こす食材は、アレルゲンになっている可能性もあります。

昔は、今ほどアレルギーの知識は無かったので、自分は食アレルギーは無いと思っていても、食べるとなぜか胃もたれしたり、酸っぱいものがこみ上げてくる、といった食材は、アレルギー食材かもしれません。一度調べてみると、胃もたれを解消できるかもしれません。

食習慣の見直しも大切です。時間が無いので慌てて食べたり、テレビを見ながらよくかまずに食べたり、疲れた日は、食べた後にすぐに寝転んだりしてしまいがちです。無意識のうちに行っている生活習慣を、見直してみると改善できることも多いはずです。また、更年期世代は、冷たいものの摂取も、なるべく控えた方がよいでしょう。

まとめ

以上、更年期と胃もたれの関係について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。ポイントは、副交感神経優位になる生活習慣を毎日の生活に取り入れることです。胃は「おしゃべりな臓器」といわれています。胃もたれは、体の不調を教えてくれるサインです。

忙しくてなかなか難しいかもしれませんが、体のサインを受け止め、快適な毎日を過ごすことができるといいですね。

-熟女世代
-,

執筆者:

関連記事

40代から増える尿漏れ!自分でできる3つの簡単ケア

咳やくしゃみをしたとき、トイレに入った途端に、尿漏れ・・・。 ほんのちょっとの量でも本人にはショックです。でも、なかなか人に話しづらいことですよね。 どんなことがキッカケで尿漏れとなるのでしょうか。 …

更年期の原因とは?症状と適切な対処方法

更年期とは、『 閉経の前後の期間 』をいいます。一般的に閉経は50歳前後で迎るといわれ、その前後の40代半ばから50代半ばが更年期にあたります。ただし、あらわれる期間や症状には個人差があります。 関連 …

ほうれい線が出来る原因と簡単に出来る3つのケア

ある程度の年齢になった時、鏡を見てほうれい線が目立つようになったと感じます。このほうれい線が出来る原因と簡単に出来るケア方法を3つご紹介します。 関連記事はこちら40代からの抜け毛予防・カンタン!3つ …

50代・目のかすみの原因と対策に効果的な3つのセルフケア

年齢を重ねて来ると少し本を読んだりスマホを見たりしているだけで目のかすみが気になる時があります。そんな目のかすみの原因と効果的なセルフケアのやり方をご紹介します。 関連記事はこちら40代でもラクラク! …

40代からの腰痛を脱出!身体をゆるめる対策3選

40歳を過ぎるとなぜか急に女性の「腰痛」が増えます。「腰痛」の原因は様々ですが、特に40~50代の女性に多い原因と、かんたんにできる対策を3つご紹介します。 関連記事はこちら50代の便秘にはどんなリス …