熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

ダイエット

ダイエットのコツは?理想のボディラインになるまで挫折しないために

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

痩せたい・ウエストを細くしたいなと、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。いざダイエットを始めても、食事制限や運動の継続が辛くて、続かない方も多いようです。そんな辛いイメージのダイエットを、コツをつかんで楽しく続けていきましょう。

内臓を温めて痩せやすい体を作る

お腹を温める

女性に多いのは、冷え性です。寒くなると、手足の冷えがひどく悩んでいる人も多いと思います。体温が1℃上がると、基礎代謝が12%上がると言われています。体を冷やさないためにも、温かい飲み物や食べ物を取るようにすることが大切です。冷たい飲み物より、常温のもので水分を摂りましょう。また、白湯も体に優しいのでおすすめです。

体を温める飲み物は、紅茶・生姜湯・ココアです。甘い紅茶がお好みの人は、黒砂糖を入れて飲むと良いでしょう。白砂糖より黒砂糖のほうが健康的ですし、体を温めてくれます。生姜湯は紅茶に入れてもOKです。また、葛湯にすると冷めにくいので、冬にもよい飲み物です。

ココアには血流をよくするテオブロミンが含まれています。リラックス効果もありますので、寝る前に飲むのもオススメです。

手軽に始めるなら、ホッカイロを貼ることもおすすめです。ホッカイロをお腹に貼るだけで、簡単に体を温めることができます。体の血流がよくなると、内臓機能の働きがよくなり、美肌効果もあるということでいいことが多いのです。

バランスよく食べてカロリーコントロール

食事バランス

極端に食べるのを我慢するのは、ストレスにもなるのでやめましょう。バランスよく、我慢しすぎないことが大切です。カロリーダウンのポイントは、食べる順番にもあります。

まずは、野菜やきのこ、海藻類から食べ始めましょう。血糖値が上がるのを抑え、脂肪が吸収されにくくなります。

揚げ物は控え白飯の量も少なくするなど、少しずつ制限することがおすすめです。まったく食べないよりも、少しでも食べることで食事ストレスは軽減します。タンパク質は、食べたものをエネルギーに変える大事な栄養素なので、しっかり食べましょう。お肉、魚介類、大豆・大豆製品、卵、乳製品などです。脂が多いものには注意し、赤身を摂るとよいでしょう。

合わせて、ビタミンやミネラルも摂るとバランス良く、基礎代謝もアップします。普段から、カロリー表示をチェックすることもクセづけておくと、カロリーコントロールが日常化されていきます。

有酸素運動と無酸素運動の違いと行うタイミング

エアロビクス

そして、やはり適度な運動は必要です。ジムに通って激しい運動をしなくても、ちょっと空いている時間に、できる運動があります。ウォーキングしてみたり、一駅分電車に乗らないで歩いて帰ってみたりと、簡単な運動を取り入れてみましょう。体を動かすことによって、基礎代謝がアップし、痩せやすい体へと近づきます。

また、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることによって、効果的に体作りを行うことが可能です。

有酸素運動

有酸素運動は酸素を取り入れながら運動するもので、体にそれほど負荷はなく、激しい運動ではありません。ランニング、ウォーキング、サイクリングなどが挙げられます。ダイエット目的の運動は、脂肪を燃焼させる必要があります。酸素を取り入れて燃焼するには一定時間が必要ですので、20分以上は頑張って運動してみましょう。

無酸素運動

一方、無酸素運動は筋トレなどです。筋トレには成長ホルモンを増やす効果があります。成長ホルモンは脂肪を燃焼させる働きがあるので、順番的には無酸素運動をしてから有酸素運動をすると、脂肪燃焼しやすくなります。

先に筋トレを頑張りすぎても、そのあとのランニングが疲れてしまって走れなくなるので、やりすぎもよくありません。自分のペースをつかみながら、運動メニューを考えていきましょう。

ダイエットのコツはモチベーションを上げつつ頑張りすぎないこと

ダイエット痩せた

一人でもくもくとダイエットに励むのではなく、ダイエット仲間を作ってみるのも良いでしょう。食事のメニューや運動など、アドバイスしあいながら取り組めるので、楽しみながらできるでしょう。

また、着たい服を買って、それを着ることを目標するのもおすすめです。今はウエストがきつくて入らない小さめのサイズのスカートを、いつか履きたい!と自分を奮い立たせる目的を持ちましょう。ご主人に痩せたと言われたい、夏には腕を出す服を着て外出したい、などと自分なりの目標設定をして、モチベーションを上げてみるのもいいかもしれません。

だからと言って、あまりストイックになる過ぎると、ダイエットしていることに疲れて嫌になってしまいます。甘いもの、炭水化物、お酒はダメ!と禁止ばかりしてしまうと、反動で食べる欲求が爆発してしまうかもしれません。食べたいものは午前中に食べる、今日は飲み会だから少しは食べても大丈夫、と余裕を持ちながら工夫してみるのも良いでしょう。

まとめ

このようにダイエットを効率よくするには、様々なコツがあります。体を温めて基礎代謝を上げ、カロリーコントロールをしながらバランスよく食事をするとよいのです。

無酸素運動からの有酸素運動で脂肪燃焼をアップさせ、自分の目標に向かってモチベーションを上げていく方法がおすすめです。しかし、停滞期が来ることもあると思います。体重が思うように減らなくて、ストレスを感じてしまうかもしれません。

そんな時は、筋力トレーニングを強化してみたり、食事法を変えてみたりと、もう一度ダイエット法を見直してみるのもいいかもしれません。ダイエット方法は世の中にはたくさんあります。個人に合う方法も様々ですので無理をせず、楽しく健康的なダイエットライフを送りましょう。

-ダイエット
-,

執筆者:

関連記事

ダイエット中は間食を摂ってもいいの?食べてもOKのおすすめおやつはコレ!

ダイエットをしている時には、間食は摂ってはいけないというイメージがあります。せっかく痩せるために努力しているのに、間食を摂っては意味がないような気もします。けれども、実は間食は選び方や食べ方に気をつけ …

腹持ち

ダイエットで効果を上げる運動や食事のタイミングはいつ?

暖かい陽気になってくると身体も動きやすくなり、運動でダイエットを始めてみようと思い立つことがありますが、運動や食事の時間もダイエットに無関係ではありません。ダイエットで効果を上げる運動や食事のタイミン …

夏太りからスタートするデブ化スパイラルをストップ!

暑くて汗をかくし食欲もないのに何故か太る「夏太り」の原因は?夏太りから始まってしまうデブ化スパイラルを食い止める方法についてご紹介します。 関連記事はこちら自覚のない「いびき」5つの原因と自分で出来る …

アイス

ダイエット中に アイスだけ食べると痩せるの?アイスの正しい摂り方は?

ダイエット中にアイスだけ食べて痩せたと言う情報を目にします。アイスだけダイエットとはどのようなダイエットでリスクはないのでしょうか?アイスはダイエットにどう影響するのかをご紹介します。 関連記事はこち …

キャベツ

キャベツで痩せられるって本当?!ダイエットに効果的な理由とやり方をご紹介!

ダイエット方法はいろいろ紹介されているけれど、辛い運動をしなくても痩せられる方法が知りたいという方が多いでしょう。そこで、キャベツダイエットがおすすめです。キャベツといえば、一年中手に入れられることが …