熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

熟女世代

更年期っていつからいつまで?終わりのサインはあるの?

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

年齢を重ねれば、誰にだって老化現象が現れます。更年期障害もまた一種の老化現象として捉えることができますが、辛い諸症状に悩まされていると「いつ終わるの?」と、不安になってしまいます。では、更年期には終わりのサインがあるのでしょうか?

更年期とは?原因や症状についてご紹介します

それではまず、更年期の時期や原因、現れやすい症状についてご紹介します。更年期に該当する年齢を迎えていて、なおかつ「もしかすると更年期?」と心配になっている方は、以下の症状がご自身に当てはまらないか確認してみましょう。

更年期の時期について

更年期とは、閉経の前後10年間の期間をいい、概ね45~55歳頃に訪れると考えられています。もちろん、閉経の時期には個人差がありますので、人によっては40代前半~50代前半というように時期がずれることもあります。いずれの場合であっても必ず訪れるのが更年期で、その時期に現れる症状を更年期障害といいます。

更年期障害の症状はさまざまで、同じ症状が現れたとしても軽い人がいれば重い人もいます。このような差はもともとの体質によって生じることが多いとされてはいますが、全般的にネガティブ志向が強い方のほうが重くなりやすいといわれているようです。

また、更年期障害に対する理解をパートナーやご家族が示さず、そのストレスによって症状が重くなることもあるようです。しかし、甘く見ていると重大な症状に発展する可能性があるのが更年期障害ですので、おかしいと感じたら、すぐに婦人科で診察を受けておくことが望ましいでしょう。

更年期障害の原因は何?

更年期障害は年齢による卵巣機能の低下によって起こるものです。若い頃には、「エストロゲンを分泌しなさい」という脳からの指令を受けた卵巣からスムーズにエストロゲンが分泌されますので、更年期障害の緒症状が現れることはありません。

そして更年期に差しかかると、脳の指令を卵巣が受けたとしても、卵巣機能が低下しているためにエストロゲンを分泌することができなくなります。すると、脳はさらに「エストロゲンを分泌しなさい」という指令を出し続けるというパニックのような状態が起こります。そして、脳のパニックが表面化したものが更年期障害の諸症状です。

更年期障害の諸症状

それでは、更年期障害として現れやすい症状を簡単にご紹介しておくことにします。なお、以下でご紹介する症状の前兆として現れやすいのは、生理時の出血量が減る生理の周期が極端に長くなる、あるいは極端に短くなるなどの症状です。

  • ほてり、ホットフラッシュ
  • 動悸・息切れ、めまい
  • 背中や腰の痛み、関節痛
  • 抑うつ症状
  • 情緒不安定
  • 睡眠障害

ほてり、ホットフラッシュ

首から上だけが急にほてったり、前ぶれなく突然全身から汗が流れ出たりすることがあります。症状はどちらか一方のみ現れたり両方同時に現れたりとさまざまですが、これらを合わせてホットフラッシュと呼びます。

動悸・息切れ、めまい

脳のパニックが心臓に影響を及ぼすと、動悸・息切れ、めまいなどの症状が現れることがあります。

背中や腰の痛み、関節痛

エストロゲンにはコラーゲンやヒアルロン酸の産生を助ける働きがあります。そしてその分泌量が低下すると、関節に存在しているコラーゲンやヒアルロン酸の量が減少し、背中や腰の痛み、関節痛が起こることがあります。

抑うつ症状

脳のパニックは自律神経にも影響を及ぼし、自律神経のバランスに乱れが生じると、気分が落ち込む、なにをやっても楽しくないなどの抑うつ症状が現れることがあります。

この症状は、パートナーやご家族、職場の人たちが更年期障害に理解を示さないことで悪化することがあります。そしてどんどん悪化すると、重度のうつ病にまで発展することがありますので、特に注意が必要な症状だといえるでしょう。

情緒不安定

これもまた、自律神経のバランスと大きく関わっている症状です。交感神経が常に優勢な状態が続くと、急に悲しくなったり、ヒステリックになったりというように、情緒不安定な状態が続くことがあります。

睡眠障害

交感神経は活動を司る神経、副交感神経はリラックスを司る神経で、交感神経の活動が極端に活性化されると脳が覚醒して睡眠障害が起こることがあります。

なお、脳の覚醒はPCやスマホから放射されているブルーライトの影響を受けて起こることもあります。特に更年期に差しかかっているという自覚がある方は、自律神経のバランスを整えるためにも寝る1時間前までにはPCやスマホの操作を済ませておきましょう。

更年期には終わりのサインがある?

残念ながら、更年期には終わりのサインというものがありません。こう聞いてしまうと気分が重く沈んでしまうかもしれません。しかし、はっきりとしたサインはなくても、更年期の症状は永遠に続くものではなく、年齢を重ねるごとに少しずつ軽くなるといわれています。

もちろん、軽くなるスピードについても個人差はありますが、必ず軽くなると自分に言い聞かせて日々を過ごせば、少しは気が楽になるのではないでしょうか?更年期障害の症状が現れているときに最もやってはいけないのは「もう治らない」と自分で決めつけてしまうことです。

「病は気から」ということわざもあるくらいですから、ご自身でわざわざ「私は治らない」と言い聞かせてしまうと、ますます症状が悪化してしまってもおかしくありません。辛い症状が現れているのなら一人で悩まずに、まずはパートナーやご家族、職場の人たちなど、周囲にいる方にカミングアウトし、理解を得ることからはじめましょう。

また、症状が重くなりかけたらそのまま放置して過ごすのではなく、必ず婦人科で診察を受けて適切な治療を受けましょう。婦人科では更年期障害そのものの治療を受けることができますが、自律神経に関する治療も受けることができます。

更年期障害のその後に起こりやすい症状について

エストロゲンの分泌量がほぼストップすると、以下の病気を発症しやすくなります。

  • 骨粗鬆症
  • 卵巣がん
  • 子宮がん・子宮頸がん
  • 子宮筋腫・子宮内膜症
  • 乳がん

これらの卵巣や子宮系統での病気の発症率が高くなるといわれています。更年期に差しかかっている方は定期健診を受け、これらの病気から身を守りましょう。

また、動脈硬化、高血圧症、糖尿病、肥満の確率も高くなるといわれていますので、身体に異変が現れたら直ちに受診し、早期発見・早期治療に努めましょう。

まとめ

終わりのサインがあればこんなにありがたいことはないのですが、残念ながら終わりのサインがないのが更年期です。特に更年期障害の緒症状が現れると、いつ終わるのかということばかりが気になるかもしれません。しかし、そのイライラが症状を悪化させる原因になることがあります。

更年期が訪れたら、なにはともあれ落ち着いて、「周囲の理解を得ておく」「悲観的にならない」「焦らない」ことを心がけ、症状が現れた時点で専門医に相談しておくことが望ましいでしょう。

-熟女世代
-,

執筆者:

関連記事

ほうれい線が出来る原因と簡単に出来る3つのケア

ある程度の年齢になった時、鏡を見てほうれい線が目立つようになったと感じます。このほうれい線が出来る原因と簡単に出来るケア方法を3つご紹介します。 関連記事はこちら40代からの抜け毛予防・カンタン!3つ …

40代からの腰痛を脱出!身体をゆるめる対策3選

40歳を過ぎるとなぜか急に女性の「腰痛」が増えます。「腰痛」の原因は様々ですが、特に40~50代の女性に多い原因と、かんたんにできる対策を3つご紹介します。 関連記事はこちら50代の便秘にはどんなリス …

更年期やたらと眠い症状を軽減する4つの方法

閉経する時期に何だか、ものすごく眠くて、起きていられない状態になることがあります。閉経時に当たる更年期、女性はいろんな症状を感じます。眠くなる原因や対処方法をご紹介します。 関連記事はこちら更年期の原 …

40代のアンチエイジングで効果的な食べ物とは?

40代でのセルフケアで綺麗を持続出来るか否かが分かれるそうです。どのような食べ物が効果的にアンチエイジングに役立つのか?また、更に効果アップする方法をご紹介します。 関連記事はこちらベジブロスで捨てて …

50代・目のかすみの原因と対策に効果的な3つのセルフケア

年齢を重ねて来ると少し本を読んだりスマホを見たりしているだけで目のかすみが気になる時があります。そんな目のかすみの原因と効果的なセルフケアのやり方をご紹介します。 関連記事はこちら40代でもラクラク! …