熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

美肌

「ガサガサかかと」を簡単自宅ケアですべすべふっくらにする方法

投稿日:2018年12月14日 更新日:

                                   
                                                                         
                                  

冬の寒さと乾燥で、もっともダメージを受けやすいのは「かかと」です。放置すると、痛みで歩くのもツラくなることさえあります。ひどくなってしまってから慌てないように、今からしっかりケアしていきましょう。

「ガサガサかかと」は多くの女性の悩み

かかと
「ガサガサかかと」は、年間を通して、多くの女性を悩ませています。は、素足にサンダルを履いた時に、ガサガサだと人目が気になります。お気に入りのサンダルを購入しても、自信を持って履けなくなってしまうかもしれません。

また、は、ストッキングを履くことも多いと思いますが、ストッキングに引っかかってしまい、伝線の原因や、肌を痛める原因になってしまうこともあります。

さらに、これからのの季節は、寒さと乾燥で、特に状態が悪化してしまいやすい時期です。ひどくなると、皮膚がひび割れて、出血をともない、痛みで歩くのも辛くなることさえあります。そうならないように、原因と対処法を知って、今からケアをしていきましょう。

「ガサガサかかと」になる原因は?

0
「ガサガサかかと」になる原因は、大きく分けて2つあります。それは、「外部刺激」と「乾燥」です。

外的刺激

かかと」は、小さな面積なのに、カラダ全体を支える重要なパーツです。体重がかかり、ただでさえ大きな負担がかかっています。それに加え、次のような生活を続けていると、さらにダメージが大きくなってしまいます。

姿勢や歩き方が悪い

姿勢や歩き方が悪いと、カラダのバランスが崩れてしまいます。その結果、体重を支えるために「かかと」の一部に過度に負担がかかるのです。そして、過度な負担から皮膚を守ろうとして、角質が厚くなってきます。

足に合わない靴を履いている

歩いている時には、常に靴の摩擦を受けている「かかと」は、それだけでも過酷な状況です。それに加えて、サイズや形の合わない靴や、バランスの取りにくい高さのヒールなどを履くことで、さらに負担がかかります。

乾燥

「かかと」は皮脂腺がないために、油分が不足しやすく、もともと非常に乾燥しやすい場所です。そこに次のような要素が加わることで、乾燥は一気に加速します。

足を冷やす

カラダを冷やすと足の血行が悪くなります。真っ先に「かかと」も冷たくなるのです。血行不良は、古い角質がそのまま残り、厚く肥厚して硬くなってしまいます。

冬だけでなく、夏のエアコンも要注意です。皮膚は乾燥し、かかとが冷えるという、二重の悪条件になってしまいます。

加齢やストレス

加齢やストレスは、ホルモンのバランスを崩れやすくし、皮膚のターンオーバーのサイクルを乱します。肌の新陳代謝が衰えると、古い角質がそのまま残って硬くなってしまうのです。また、保湿を担うセラミドなどが不足し、細胞に水分が行き渡らなくなるために乾燥し、硬くなってしまいます。

毎日のかかとケア

かかとのケア

「かかと」は、日中歩くことにより、始終負担がかかる場所です。理想的には、1日の終わりに、毎日ケアをする習慣を持つことが、「すべすべかかと」を保つ秘訣です。

基本のかかとケアは保湿

「かかと」には皮脂腺がなく、乾燥しやすい場所ということがわかりました。かかとケアの基本は、何と言っても「保湿」です。

保湿クリームを塗る

こまめに保湿クリームを塗りましょう。基本的にはボディークリームで良いです。効果が得られない場合には、フットケア専用の保湿クリームや、尿素入りのクリームを使うと、より効果が望めます。

しかし、尿素配合率が高いクリームは、それだけ刺激も強いので、肌の状態を見ながら使用しましょう。

また、お風呂から出た直後、水分を拭き取る前に、ワセリンを塗るのも効果的です。ワセリンは、皮膚の乾燥を防ぐ目的で、医療の現場でも使用されます。肌質を選ばないので、手軽に使用できるうえ、効果が期待できます。

温めるとさらに効果的

クリームやワセリンを塗った後は、ラップを巻いたり、蒸しタオルで温めると、さらに効果的です。

お風呂で角質を取り除く

お風呂で温まり、やわらかくなった皮膚を、ボディタオルやブラシでマッサージしながら洗うだけでも、角質を取ることはできます。

オイルマッサージで角質をやわらかくした後に、ブラシで軽くこすったり、足裏専用の石鹸を使うと、さらに効果的です。

定期的な「かかと」ケア4つの方法

毎日ケアをしても、ガンコな「ガサガサかかと」になってしまうこともあるでしょう。そのような時に、積極的に除去する方法を4つご紹介します。

1「けずる」ケア


軽石金属のへらで、軽くこすって角質を除去します。しかし、お風呂でやわらかくなっている角質をこすりすぎてしまうと、健康な皮膚まで傷つけてしかうので注意しましょう。心配な方は、皮膚を削りすぎる心配がない、電動角質リムーバーを使うと良いでしょう

2「みがく」ケア


削るのに抵抗感がある方には、みがいて少しずつ角質を取り除く方法があります。スクラブ入りのクリームでマッサージして、徐々に角質を取り除く方法です。週に3~4回くらいのケアで、少しずつ効果が現れてきます。時間をかけてゆっくり効果が現れるため、即効性を求める方には不向きです。

3ピーリングで「はがす」ケア


ピーリングは、手軽な方法として人気があります。つけ置きタイプの薬液で、角質を「はがす」方法です。手軽ではありますが、肌の弱い方は、炎症を起こす心配がありますので、注意が必要です。

4そぎ取るケア


刃物を使って、気になる部分をピンポイントで取る方法です。即効性はありますが、健康な皮膚まで取り除いてしまいやすく、痛みが出ることもあります。十分に注意しながら行いましょう。

角質を取り除いたら必ず保湿する

古い角質を取り除いた後は、下にあった新しく薄い皮膚が露出した状態です。外からの刺激をダイレクトに受けやすいので、普段より念入りに保湿ケアをしましょう。

「すべすべかかと」を維持するためには

フットケア
せっかくすべすべになっても、放置していると、歩くことで受ける体重の負担や靴の摩擦、乾燥などで、また硬い角質ができてしまい、ガサガサかかとになってしまいます。

すべすべかかと」を維持するためには、普段のケアが大切です。厚くがんこな角質にならないように「かかと」のマッサージ・保湿・温めを、こまめに時間を見つけて行いましょう。

肌触りの悪い靴下は刺激になります。なるべくコットンや、シルクなどの、やわらかい素材を選ぶようにしましょう。

暖かい時期でも足を冷やさないように、なるべく靴下を履くようにしましょう。100円ショップなどで購入できる「発汗作用」のある足裏ケア商品を使ってみるのも良いでしょう。

ケアしてもガサガサが改善されない時は

水虫菌
角質のケアをしても改善されない場合は、水虫が原因かもしれません。「かかと」の水虫は、かゆみがありません。見ただけでは判断が難しいので、心配なら皮膚科を受診しましょう。放置していると、皮膚の奥まで菌が広がってしまい、治療に時間がかかる場合もあります。

まとめ

「ガサガサかかと」は、特に冬の寒さと乾燥といった、環境条件で悪化します。放置しておくと皮膚が裂けてしまい、血がにじんできたり、痛みを感じたりすることもあります。特にこれからの寒い季節は、念入りにケアすることが大切です。

そして、いざ暖かい季節になり、サンダルを履く時に慌てないように、日頃のケアを心がけましょう。

-美肌
-,

執筆者:

関連記事

潜在意識

美肌になるために潜在意識を上手く使いましょう

潜在意識を使って美肌になることができるという情報がネット上にあります。潜在意識とは、いったいどんなもので、どのようにして活用すればよいのでしょうか?潜在意識の使い方などをご紹介します。 関連記事はこち …

鍋

美しい肌を手に入れるためには体の中から!美肌レシピをご紹介

輝くような美しい肌を手に入れたいと思っている女性は多いでしょう。けれども、スキンケアばかり頑張っていても、栄養バランスが乱れや肌に悪影響の食事ばかりではせっかくのケアの意味がありません。そこで、今回は …

水虫の原因と対策、薬を使わないセルフケア

日本人女性の3人に1人が水虫の症状を抱えている言われています。薬を塗ってもなかなか治らない頑固な水虫。 原因や対策を知って、薬を使わないで出来るセルフケアを紹介します。 関連記事はこちらカサカサの乾燥 …

老化のメカニズムと緩やかにする方法は?

人間は生きて行く上で避けて通れないのが老化です。誰もが必ず老化するのは決まっています。止めることは出来なくても遅らせることは出来ます。老化のメカニズムとそれをゆっくりにする方法についてご紹介します。 …

液体窒素でシミをとったら濃くなった!原因は何?完治はするの?

一般的なシミ治療はレーザーで行われることが多いのですが、平らではなく盛り上がったシミの場合では、液体窒素による治療が適していることもあります。ところが、液体窒素でシミをとったあとに色が濃くなったという …