熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

アンチエイジング

ファンデーションで余計に目立つのはなぜ?化粧でシワを上手に隠す方法がある!

投稿日:2018年12月12日 更新日:

                                   
                                      おでこのシワ                                   
                                  

アラフォーともなると、自分の顔で隠したいと思う部分がいくつか出てくることでしょう。その一つがシワではないでしょうか?でも、気になるシワを隠すつもりで化粧をしたのに、ファンデーションで余計に目立ってしまった経験がある方も多いと思います。今回は、化粧でシワを上手に隠す方法をご紹介していきましょう。

ファンデーションでシワが目立つ理由

シワ たるみ

気になるシワを隠したくてファンデーションを塗っているのに、気付けば余計にシワが目立ってしまっているということがあります。その理由は、いくつか考えられます。

  • 下地&コンシーラーの塗りすぎ
  • パウダーファンデーションの塗りすぎ

下地&コンシーラーの塗りすぎ

ファンデーションだけでもシワを隠すために厚塗りしてしまう事がありますが、実はファンデーション以外の下地やコンシーラーの厚塗りもシワを目立たせる原因となります。とくにシワが出やすい目元や口元は皮膚の動きも大きいのでメイクがよれてしまいがちです。それが、シワを余計に目立たせてしまうのです。

目元や口元にコンシーラーを塗る時には、指でたたきながら馴染ませてからスポンジで抑えるようにしましょう。

パウダーファンデーションの塗りすぎ

リキッドファンデーションの後にフェイスパウダーやパウダーファンデーションを塗る人は、塗りすぎに注意しましょう。パウダーファンデーションなどのパウダー系の化粧品は乾燥の原因ともなります。塗った後にパフで余分な粉を落すようにしましょう。仕上げはブラシを使って粉をはらうのもよいでしょう。

下地&ファンデーションでシワを隠す

シワ

メイクの基本とも言える下地&ファンデーションですが、塗りすぎがシワを目立たせる原因となります。そこで、まずは忙しい朝もしっかりとスキンケアをすることから始めましょう。

ファンデーションを塗ってすぐは、キレイに塗れていると思っても時間の経過でよれてきます。ファンデーションによって肌色を均一にすれば、それだけ陰影がはっきりするのでシワが目立つというわけです。

また、厚塗りするとシワとシワの間に粉が溜まってしまいます。下地もファンデーションもできるだけ薄く塗るようにして、メイク直しはフェイスパウダーを軽くはたくだけにしましょう。

シワが気になる方は、パウダータイプのファンデーションよりもリキッドタイプがよいでしょう。リキッドを使ってスポンジや指で全体をぼかすように塗りこんでいくと自然に見えます。

目元のシワを隠す化粧は?

目元の皮膚はとても薄いので、特にシワが目立ちやすい場所です。そのうえ、アイラインやアイシャドウなどのメイクをすることでさらに刺激を与えてしまいます。

そこで、目尻のシワにはファンデーションでなく、ハイライトで立体感を出すようにしましょう。パール系のパウダーなら自然な透明感を演出して、シワを目立たなくしてくれます。シワに注目されないようにアイシャドウはナチュラルなものにしましょう。

さらに、目元は乾燥しがちでシワが目立ちやすくなるので、アイクリームでのケアもしっかりしましょう。

おでこのシワを隠す化粧は?

表情の癖によってシワができやすいのがおでこです。おでこや眉間のシワが目立つと不機嫌そうに見えてしまいます。そんなおでこのシワを隠すためには、リキッドファンデーションとコンシーラーとコントロールカラーを上手に使うと良いでしょう。

はじめにリキッドファンデーションを顔の内側から外側に向かって馴染ませていきます。この時、ベースラインはスポンジなどでぼかすようにしましょう。

つぎに、おでこや眉間にあるシワをひろげながら、肌よりも少し明るめのコンシーラーやコントロールカラーを塗ります。塗った後に、スポンジで馴染ませるとよれにくくなります。

シワを隠すためにハイライターも活用

気になるシワを隠す方法をご紹介していますが、ここでもう一つとても便利なアイテムがあります。それがハイライターです。

ハイライターの種類もいろいろありますが、ラメの粒子が大きく白っぽいハイライターはアラフォー女子には派手になってしまいます。そこで粒子が細かく肌に馴染みやすいベージュカラーのハイライターを使います。

ハイライターを眉下、Tゾーン、頬骨、顎にのせます。最後に両手で顔を包むようにしてハイライターが肌に馴染むようにしましょう。テカリが気になる時は、その部分だけティッシュで軽く抑えるとよいでしょう。

シワを解消する保湿成分

肌荒れ

できてしまったシワをすぐに解消することはできないので、メイクで隠します。けれども、できれば時間をかけてでもシワを解消してきたいものです。そこで、シワを解消する効果のあるスキンケア成分も覚えておきましょう。

シワの大きな原因の一つと考えられるのが肌の乾燥です。そこで、肌を潤わせることが大切です。そのため、肌を保湿するための美容成分が含まれた化粧品を選びましょう。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド

ヒアルロン酸

肌に潤いを与える代表的な成分として知られるのがヒアルロン酸です。保湿効果があると言われる化粧品にはヒアルロン酸が含まれていることが多いでしょう。保湿力が優れているので肌の表面をしっかりと潤わせてくれます。

コラーゲン

コラーゲンは、肌に弾力やハリを与えてくれる美容成分です。コラーゲンは水分を吸着する働きがあり、保湿成分と一緒に使うことで保水力が高まります。私たちの肌にもともとある成分ですが、年齢と共に減少していくために化粧品から積極的に補いたい成分です。

セラミド

セラミドは、ヒアルロン酸やコラーゲンと同じように高い保湿効果があります。肌のバリア機能を高める働きもあり、健やかな肌へと導いてくれます。

繊維芽細胞を活性化させる成分

美肌

繊維芽細胞とは、私たちの肌に存在する細胞でコラーゲンやエラスチンといった肌に弾力やハリをキープする成分を作り出しています。けれども、残念ながら繊維芽細胞は加齢や紫外線の影響によって働きが弱くなってしまいます。

そこで、シワを解消するためにも繊維芽細胞を補うことができる美容成分があります。

  • レチノール
  • ビタミンC

レチノール

レチノールは繊維芽細胞の働きを促して、真皮層で作られるコラーゲンを増やしてくれる働きがあります。保湿成分と一緒にレチノールを摂ることでシワの解消に効果的に働きます。

ビタミンC

ビタミンCと言えば、美白効果、保湿効果、そして抗酸化作用があることで知られています。実は、シワを解消するためにもビタミンCが必要です。とくにビタミンC誘導体はビタミンCよりも効果が高いとされています。

 

 

まとめ

せっかくキレイにメイクしても、シワが目立って老けて見えてしまう事があります。そこで、年齢やシワの状態に合わせて化粧の方法を変えることも大切です。

シワを隠すためのポイントは幾つかありますので、できることから取り入れて自分にあったメイク方法を見つけると良いでしょう。少しメイクを変えるだけで、今までとは印象が変わることもあります。メイクで上手に気になるシワを隠しながら、日々のケアでシワを解消していくことも大切です。とくに保湿ケアをしっかりおこなって、シワの解消と予防に努め、若見え肌をめざしましょう。

-アンチエイジング
-,

執筆者:

関連記事

悪玉コレステロールが多い5つの原因と改善出来る食品類

悪玉コレステロールが多いとどうなるのでしょうか?善玉コレステロールとの違いやコレステロールそのものの役割、多くなる原因と改善出来ると言われている食品などをご紹介します。 関連記事はこちら消費しやすいビ …

ビタミンCの9つの役割と効果

私達の身体には欠かすことが出来ない栄養素であるビタミンC、その9つの役割と効果について、生の状態で多く含んでいる野菜とフルーツをご紹介します。 関連記事はこちら消費しやすいビタミンC、不足しない為には …

ガック

スーパーフルーツ「ガック」で予防できる3つの病気

ガックという果物はご存知でしょうか?ガックはリコピン等のカロテノイド類を豊富に含んでいる事から、美容業界のみならず医療の現場でも注目をされているスーパーフルーツです。ガックの母国、ベトナムでは栄養失調 …

リコピンがこんなにも注目される理由【体が喜ぶ3つの効果】

今や、知らないという人の方が少ないのではないか、と言うくらいにリコピンは認知度が上がってきています。何となく体に良いのは知ってるという方も多いと思いますが、実はリコピンには驚くほど優れた健康効果がある …

ボーン・ブロスは腸の炎症を癒やす究極のアンチエイジングスープ

ニューヨーカーや欧米のセレブの間で人気のボーン・ブロスは、炎症で傷ついた腸を癒やすのに、高い効果があるとされています。さらにその栄養価の高さから、究極のアンチエイジング効果があることで注目されています …