熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

美肌

美肌のポイントは肌のキメ!美しい肌を作るためにキメの整った肌にする方法

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

女性にとっての憧れは、美しく透き通った肌です。美肌といわれる肌を手に入れるためのポイントは実は肌の「キメ」なのです。キメが整っていること、細かいことがポイントとなります。キメが乱れると、シミやシワといった肌トラブルの原因ともなります。そこで今回は、肌のキメが乱れる原因と整える方法をご紹介しましょう。

肌のキメとは?

肝斑

肌には、よく見ると網目のようになった細かい線がたくさんあることがわかります。この細かい線は、溝によってできています。肌は、溝と溝に囲まれた平らな部分、そして毛穴からなっています。これが「肌のキメ」です。

溝の部分が「皮溝」、溝で囲まれた平らな部分が「皮丘」、そして毛穴は「毛孔」と呼ばれています。キメが整った肌というのは、皮丘と皮溝がキレイに並び、毛孔が目立たない状態です。

キメが整うと美肌になる

美肌

肌のキメを整えることが、美肌に見せるポイントとなります。けれども、実は肌のキメの細かさは生まれつき持っている肌の特徴なので、それを変えることはできないのです。とはいえ、皮溝が鋭角的かなだらかかによって肌の状態も変わってきます。

肌のキメが整っているかどうかは、肌ケアによって決まります。そして、キメが整っているとキメがより細かく見えるため、毛孔も目立たず、全体的に美しい肌に見えます。

反対に、キメが乱れているとキメが粗く見えます。これは、なだらかな皮溝で線が太く見えることや毛穴が開き気味になることで目立ってしまいます。ですから、肌のキメの細かさよりもキメが整っていることが美肌に見せるポイントなのです。

肌のキメが乱れる原因

肌のキメを整えることが美肌への近道ということがわかりましたが、ではどうして肌のキメが乱れてしまうことがあるのでしょうか?

肌のキメが乱れる原因として考えられることがいくつかあります。

・乾燥
・洗顔などによる摩擦
・紫外線
・ターンオーバーの乱れ

乾燥

さまざまな肌トラブルを起こす乾燥は、肌のキメを乱れさせる原因ともなります。肌が乾燥すると、バリア機能が低下してしまい、外部刺激を受けやすくなります。外部刺激によって肌内部に水分をキープできなくなるので、肌荒れやシワなどができやすくなります。

洗顔などによる摩擦

肌の表面の角質層は、とても薄いのですこしの摩擦で剥がれ落ちてしまいます。それが、肌のキメを乱れさせる原因となります。

毎日の洗顔やクレンジングでゴシゴシ洗ったり、タオルで拭くときもこすると摩擦で角質が剥がれてしまいます。すると、肌が炎症を起こして肌の生まれ変わりにも影響があります。肌の炎症はキメの乱れだけでなく、メラニン細胞の活性化や増殖などシミの原因も引き起こします。

紫外線

紫外線は目に見えませんが、肌に大きな影響を与えます。紫外線にはUVA波とUVB波があります。UVA波は、肌の奥にある真皮層まで届いて細胞を攻撃するのでシワやたるみの原因となります。UVB波は、肌の表面にある表皮へダメージを与えて日焼けやシミなどの原因となります。

このどちらも肌へのダメージがありますので、しっかりと防ぐことが大切です。日焼け止めを塗ったり、日傘を活用するなどして日々、紫外線対策をしましょう。

ターンオーバーの乱れ

前述のように私たちの肌のキメの細かさは生まれつき決まっています。ですからキメの細かさを変えることはできません。そこで、キメを整えることによって肌のターンオーバーを正常化させます。肌のターンオーバーは正常時は約28日のサイクルです。このサイクルが遅くなっても早すぎても肌へはよくありません。

サイクルが遅いと、古い角質がいつもまでも肌にある状態で角質層が溜まって厚くなり、肌の透明感を失ったり、毛穴が目立つようになります。反対にサイクルが早すぎると、細胞が未熟で余分な皮脂を排出しにくくなるのでニキビの原因などになります。

肌のキメを整える方法

肌のキメを整えたり、乱れたキメを改善するためにできることはいくつかあります。

・正しいスキンケア
・外部刺激から肌を守る
・食生活の改善

正しいスキンケア

美肌のポイントともいえる正しいスキンケアは、肌のキメを整えるためにも大切です。スキンケアの基本がクレンジングと洗顔です。

クレンジングの役割は、メイクや余分な皮脂、角質をしっかりと落とすことです。だからといって、何度もクレンジングしたり、ゴシゴシ擦るようなことはしてはいけません。クレンジングのポイントは、オイルやクリームでメイクを落すことです。この時、自分の肌の状態にあったクレンジングを選ぶことも大切です。

つぎにおこなう洗顔の際にも、肌を擦ってはいけません。スクラブや合成界面活性剤が使用されている洗顔料は避けて、きめ細かな泡で洗うようにしましょう。泡を転がすように洗顔をしたらぬるめのお湯ですすぎをします。温度の高すぎるお湯は油分も一緒に流すので、肌に必要な油分を失ってしまいます。

クレンジングと洗顔が終わったら、保湿ケアをします。まずは、化粧水でしっかりと水分を補います。とくに肌が乾燥している状態では、水分が肌に浸透していくのに時間がかかります。ですから、化粧水をつけてから5分ほどおいて、もう一度化粧水をつけるとしっかりと潤います。

化粧水の後は、潤いを逃さないようにクリームや乳液などで蓋をします。基礎化粧品を選ぶ時には、セラミド配合化粧品など保湿効果の高いものを選ぶと良いでしょう。

外部刺激から肌を守る

肌の外側からの刺激によってキメを乱してしまいますので、外部刺激から肌を守ることが大切です。

紫外線を大量に浴びるとメラノサイトが活性化してメラニンの生成が増えるので肌のターンオーバーが乱れます。そこで毎日紫外線対策をしましょう。

またストレスをためないことも大切です。仕事や人間関係などから受けるストレスも自律神経やホルモン分泌などに影響します。ストレスをためないようにするには、適度な運動がオススメです。ほかにも、お風呂にゆっくり浸かる、読書をするなど、人それぞれのストレス解消法があります。自分にあったストレス解消法を見つけておきましょう。

食生活の改善

肌のキメを整えるために食生活を見直すことも大切です。細胞を健康に保つことで、肌のキメを整えることができます。

たとえば、ビタミンCは抗酸化作用があり、コラーゲン生成やしみ予防などの効果も期待できます。レモンやイチゴなどのくだものやブロッコリー、ピーマンなどビタミンCが豊富な食材を取り入れましょう。

ビタミンAも抗酸化作用が高い栄養素です。ニンジンやトマト、レバー、うなぎなどを食べるようにしましょう。

ビタミンEは抗酸化作用のほかに新陳代謝の促進が期待できますので、アボカド、うなぎ、かぼちゃなどを積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンB1は、糖質の代謝促進やストレスの軽減などに効果が期待できますので、豚肉や鰻、納豆などを摂るようにしましょう。

このようにバランスのとれた食生活が肌のキメを整えるためにも大切です。

まとめ

憧れの美肌になるためには、肌のキメを整えることがポイントになります。残念ながら肌のキメの細かさは生まれつき決まっているのですが、キメを整えることは自分のケア次第です。

そこで、毎日のスキンケア、紫外線対策、食生活の改善などできることから取り入れて美しい肌を目指して、肌のキメを整えていきましょう。

-美肌
-,

執筆者:

関連記事

老化のメカニズムと緩やかにする方法は?

人間は生きて行く上で避けて通れないのが老化です。誰もが必ず老化するのは決まっています。止めることは出来なくても遅らせることは出来ます。老化のメカニズムとそれをゆっくりにする方法についてご紹介します。 …

左右の頬にうっすらとしたシミが!これって肝斑?

若い頃に紫外線を直接浴び続けていると、年齢を重ねたのちにシミとなって表面に浮き上がってくることがあります。この状態は光老化と呼ばれ、化粧品によるケアや食品によるケアである程度まで改善することができます …

下半身太りの原因とセルフケアでの解消方法!

ダイエットをしても、なかなか痩せてくれない下半身太りって本当に嫌なものです。下半身太りになるメカニズムはどのようなものでしょうか?セルフケアで解消する方法と共にお知らせします。 関連記事はこちらカサカ …

美肌づくりにはアボカドスムージーがおすすめ!アボカドの栄養や効能をご紹介!

“森のバター”という異名をとるほど、豊富な栄養素を含むことで知られているのがアボカドです。アボカドはサラダやスムージーなどでお手軽に摂取することができますので、できる限り毎日摂取することを心がけてみる …

美肌

美容にもダイエットにも欠かせないアミノ酸!その驚くべき効果を知ろう!

美容に効果的といわれているものはたくさんあります。なかでも最近よく耳にするようになった言葉が「アミノ酸」です。このアミノ酸は、美容やダイエットには欠かせない成分であることが知られています。では、実際に …