熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

ダイエット

こんにゃくを食べるだけで痩せられるって本当!?ダイエット効果や方法をご紹介!

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

ダイエット方法はたくさんあるけれど、運動や辛い食事制限は長続きしないという方も多いです。美味しく食べてきれいに痩せられる方法があると助かります。ダイエットに効果があると言われる食材はいろいろありますが、そのひとつが「こんにゃく」です。今回はこんにゃくのダイエット効果や取り入れ方をご紹介しましょう。

こんにゃくのダイエット効果

こんにゃくは、とてもカロリーが低い食材で100g5kcalほどしかありません。そのうえ食物繊維がとても多いのが特徴です。この食物繊維が多いことでたくさん食べなくても満腹感が得られるのです。

食物繊維は水分を含むと膨張します。ですから、こんにゃくを食べながら水分を摂ることでお腹の中でこんにゃくが膨張します。お腹が張るので空腹感を抑えてくれます。カロリー自体が低いのでたくさん食べてもいいのですが、たくさん食べなくてもお腹がいっぱいになるということでダイエットにピッタリの食材なのです。

さらに豊富な食物繊維は不溶性食物繊維なので水分を吸収して、便の量を増やして排便をしやすくする便秘解消効果が期待できます。ですから、お腹に溜まった老廃物も出してくれるのです。

注意しなくてはいけないのは、カロリーが低いこんにゃくですが栄養素も少ないので、こんにゃくのみで食事を終わらせては栄養不足になります。ですから、こんにゃく以外の食材で上手に栄養バランスを摂るようにしましょう。

こんにゃくダイエットのやり方

ダイエット

こんにゃくをダイエットに取り入れる方法はいくつかあります。「食前にこんにゃくを食べる」「主食をこんにゃくに置き換える」「間食にこんにゃくを食べる」という3つをご紹介していきましょう。

食事の前にこんにゃくを食べる

方法は簡単で、食事の30分前にこんにゃくを200g(板こんにゃく1枚程度)食べます。こんにゃくをよく噛んで食べることで満腹中枢を刺激します。胃の中で膨れるようにコップ1杯程度の水も一緒に摂ります。

食事のカロリーが多いと思われる昼食や夕食の前に行うと良いでしょう。とくに夕食の後はあまり活動をしないために消費カロリーも減ってしまいます。ですから、こんにゃくを食べて摂取カロリーを抑えましょう。

こんにゃくそのものにダイエット効果があるわけではありません。ですから、ポイントとしては、満腹感を得て、いつもより摂取カロリーを減らすことです。そのときに、糖質の多い炭水化物を制限することでよりダイエット効果がアップします。

主食をこんにゃくに置き換える

1日3食のうち1食の主食をこんにゃくに置き換えるダイエットです。最近では板こんにゃく以外にも、麺タイプのこんにゃくやご飯タイプのこんにゃくがありますのでそれを取り入れましょう。

主食の置き換えは3食のうちどのタイミングでもいいのですが、一番効果をアップできるのは摂取カロリーの多い夕食です。

間食にこんにゃくを食べる

普段から間食を食べる習慣があるという人にオススメなのは、間食にこんにゃくを食べる方法です。おやつ代わりにこんにゃくを食べると摂取カロリーを抑えられます。さらに満腹感があるのでたくさんは食べなくてもよくなります。

けれども、おやつはお腹がすいて食べたいというよりも口さみしさからくることが多いでしょう。ですから、こんにゃくを使った美味しいアレンジをいくつか覚えておいて、満足させられると良いでしょう。

粉こんにゃくでダイエット

こんにゃくといえば、板こんにゃくが一般的ですが、糸こんにゃくや粒こんにゃくなどもあります。

実はもう一つ、ダイエットに向いているのが粉こんにゃくです。粉こんにゃくは、こんにゃくの元となるもので、水と粉こんにゃくとカルシウムで出来ています。

こんにゃくと効果はほとんど同じですが、粉なので胃の中で膨らむときにより大きく膨らみます。ですから、満腹感が得られます。また、粉なので料理するというよりは、他の料理に混ぜて使うことができるので様々な料理に入れることができます。

こんにゃくダイエットの注意点

こんにゃくダイエットを行う時に気をつけなくてはいけないこともあります。こんにゃくは低カロリーでヘルシーな食材ですが食べすぎには注意しなくてはいけません。

こんにゃくは食物繊維が豊富ですが、取りすぎると便秘になったり、胃腸の不調を起こしたりすることもあります。ですから、1日200gぐらいを目安に食べるようにしましょう。普段から便秘がひどいという方の場合には、こんにゃくに含まれる不溶性食物繊維を摂りすぎると、さらに便秘を悪化させてしまうことがありますので、あくまでも1日200g程度にしましょう。

こんにゃくレシピ

朝食パン

こんにゃくを食べるだけのダイエットといっても毎日続けると飽きてしまいます。そこでいくつかのアレンジを知っておくと良いと思います。おかずやおやつにぴったりのこんにゃくレシピをご紹介しましょう。

こんにゃくステーキ

材料:こんにゃく1枚、小麦粉大さじ1、片栗粉大さじ1、焼肉のタレ大さじ4、ゴマ適量、塩コショウ少々

作り方:

1.こんにゃくを5ミリ程度の厚さに切る
2.こんにゃくの表面に斜めに隠し包丁をいれて熱湯にさっとくぐらせてから、キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取る
3.塩コショウを軽くしたら、小麦粉と片栗粉をまぶして余分な粉ははたく。
4.フライパンに油を適量しいたらこんがりと焼く。
5.焼き目がついたら焼肉のタレをまぶして、ゴマを振って出来上がりです。

材料は板こんにゃくと調味料だけでとても簡単に作れますが、まるでお肉を食べているようなので満足感もあります。

こんにゃく麺で冷やし中華

材料:こんにゃく麺1袋、きゅうり1/3本、トマト1/4個、錦糸卵

作り方:
1.こんにゃく麺の冷やし中華用を水でさっと洗います。
2.錦糸卵を作り千切りにします。
3.キュウリも千切りに、トマトは切っておきます。
4.冷やし中華のたれをかけて出来上がりです。

アレンジとして鶏のササミを茹でてのせたり、ハムをのせるのもいいでしょう。
こんにゃく麺は中華のほかにも、パスタ用などいろいろあるのでお気に入りを見つけるといいでしょう。

こんにゃくヨーグルト

材料:こんにゃく100g プレーンヨーグルト150g お好みのジャム適量

作り方:

1.こんにゃくを5㎜ぐらいのサイコロ切りにする。
水で良く洗って水を切る。

2.こんにゃくをヨーグルトと混ぜる。
お好みのジャムをトッピングして出来上がり。甘みはジャムで調節しましょう。

ジャムの味を変えればいろいろ楽しめますし、こんにゃくの臭みも消えるので美味しく食べられます。おやつにピッタリです。

このようにこんにゃくも意外とさまざまなアレンジができて、飽きずに食べることができますので、自分の好きな味を見つけてみてください。

まとめ

ダイエット方法としていろいろあるなかで、美味しく食べながら摂取カロリーを抑えて、無理せず続けられるのがこんにゃくを用いたダイエットです。

こんにゃくダイエットといわれる方法もいくつかあるので、自分にあった方法を見つけて取り入れることができるのも魅力のひとつでしょう。

こんにゃくはスーパーなどでいつでも手軽に手に入れることができる食材で、アレンジ次第でおかずにもおやつにもなります。自分でいろいろ工夫して美味しくダイエットを続けましょう。

-ダイエット
-,

執筆者:

関連記事

体重計を持つ女性

無理なダイエットはやめて健康的に痩せることが一番!シンプルな方法をご紹介

ネットや雑誌を開けば、さまざまなダイエット方法が紹介されているのでいくつも試してみたことがある方も多いと思います。けれども、何度ダイエットしても気づけばリバウンドしていて、また自分にあうダイエット方法 …

味噌汁ファスティングはお金をかけずにたった3日間でダイエットできる方法

ファスティングは、高価な酵素ドリンクを購入しなければ始められないイメージがあるかもしれません。しかしそんなことはありません。酵素ドリンクの代わりに、どこの家庭にもある味噌を使って手軽にファスティングが …

リコピンがこんなにも注目される理由【体が喜ぶ3つの効果】

今や、知らないという人の方が少ないのではないか、と言うくらいにリコピンは認知度が上がってきています。何となく体に良いのは知ってるという方も多いと思いますが、実はリコピンには驚くほど優れた健康効果がある …

野菜

50代はやせにくい?痩せるコツと注意点をご紹介!

50代は若い時と比べるとやせにくいと言われています。どうして、やせにくくなっているのでしょうか?効果的に痩せるコツと共にその原因もご紹介します。 関連記事はこちら50代の便秘にはどんなリスクが?自分で …

甘いもの好きでも痩せられるって本当?!さつまいもでダイエットができる

今より痩せてすっきりしたいという思いはあるけれど、甘いものはやめられないという女性は多いと思います。そんな女性たちにとって、甘いものが一切食べられないダイエットは辛いだけで長続きしません。そこで甘いも …