熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

ダイエット

ダイエットの課題は「空腹感をどう乗り切るか?」空腹感を抑える薬ってどう?

投稿日:

                                   
                                      空腹                                   
                                  

高カロリー食を食べ続けていれば、ほぼ確実に太ります。しかし、わかってはいても思うように抑えることができないのが、”食べたい”という欲求です。このようなときに考えつくのが食欲を抑える薬の服用ですが、本当に薬の服用だけで食欲を抑えることはできるのでしょうか。

薬が空腹感を抑える仕組みとは?

薬

ダイエット外来や美容外科などでは、サノレックスという食欲を抑える薬の取り扱いがあります。この薬は厚生労働省の認可が下りている唯一の食欲抑制剤で、満腹中枢に働きかけて無理なく食欲を抑えることができるとされています。つまり、薬の力を借りて脳を騙して人工的に満腹の感覚を作り出し、これをダイエットに役立てようということです。

サノレックスの効果の現れ方には個人差がありますが、医師の見解によれば、1カ月間でおよそ4㎏の減量が可能になるようです。ただし、この薬は依存性が高いため連続投与は3カ月が目安となっています。

また、通常では自由診療扱い(自費診療)ですが、BMIの値が35を超える方の場合では、保険適用となることがあります。では、サノレックスには副作用の心配はないのでしょうか?

  • 衝撃!サノレックスは副作用のリスクがある薬です
  • まだある、サノレックスの問題点

衝撃!サノレックスは副作用のリスクがある薬です

服用するだけで食欲を抑えることができれば、ダイエットにつきものの食欲との闘いを気にする必要はなくなるでしょう。ですが、薬の成分によって脳を騙すということは、副作用のリスクがつきまとうということも忘れてはなりません。

サノレックスには以下の副作用のリスクがありますので、服用をお考えの方は、本当にご自身にとって必要な薬かどうかよく考えた上で、医療機関を訪れましょう。

  • 口が渇く
  • 便秘
  • 悪心や嘔吐
  • 胃の不快感
  • 睡眠障害
  • 依存性
  • 肺高血圧症

これらの副作用が挙げられています。特に依存症と肺高血圧症は重大な副作用として挙げられていますので、もしも服用するのなら、医師の指示に従って容量・用法をきちんと守らなくてはなりません。

サノレックスを服用したら必ずこれらの副作用が起こるということではありませんが、このようなリスクが伴う可能性があるということは知っておくべきでしょう。

まだある、サノレックスの問題点

副作用だけではなく、サノレックスにはいくつかの問題点がありますので、これからご紹介する内容についてもしっかりと目を向けて、服用を検討してみてください。

  • 栄養が偏るリスク
  • 根本的なダイエットにはつながらない
  • 服用を中止すると元の状態に戻る可能性

栄養が偏るリスク

食事の量自体を減らしてしまえば、痩せることができる確率は高くなるでしょう。ですが、栄養が偏っていた場合には栄養失調を起こすリスクが高まって、最終的に痩せにくい身体になってしまうことが考えられます。

反対に食事の量を減らすことができても、薬を飲んでいるという安心感から、ご自身が好きな高カロリー食品を食べる頻度が高くなるかもしれません。この場合でも栄養が偏る可能性がありますが、それよりも深刻なのは摂取カロリーが一気に跳ね上がるということです。つまり、量を食べていなくても、実際には高カロリー食になっていることがあるということです。

根本的なダイエットにはつながらない

ダイエットは、低カロリーかつ栄養バランスが整った食事を続けなくてはなりません。つまり、ご自身の意志で食事をコントロールしなければならないということです。

そして、薬に頼り続けているとダイエットが薬ありきになって、薬なしではダイエットすることができなくなってしまうでしょう。副作用でもご紹介していますが、サノレックスは依存性のリスクがある薬であるため、一時的であればまだしも、長期的な服用は避けるべきです。

服用を中止すると元の状態に戻る可能性

薬に頼る生活を続けていると、服用を中止した途端に元の体重戻ってしまう可能性があります。厚生労働省の認可が下りているとはいえ、依存性などのリスクがあるのがサノレックスです。

これらを考え合せると、よほど重度の肥満でない限り、サノレックスの服用はひとまず見合わせる方向で考えるのが賢い選択なのではないでしょうか。

参考:総合南東北病院
サノレックス適正使用ガイド

ダイエット成功のカギは食生活の見直しです

食生活

今すぐに大幅な食事制限が必要だと医師が認めた場合には、サノレックスの服用が最善の策になることがあるでしょう。一方、大幅な食事制限が必要な状態ではなく、ただ単にダイエット時の空腹感を紛らわせる目的であれば、まずはご自身の努力で食生活を改めてみてはいかがでしょうか。

そもそも、ダイエットは痩せるためだけではなく、健康的な食生活を送ることも目的としているはずです。健康的な食生活で理想のプロポーションを目指すためには、まずはご自身でできるところから始めてみましょう。

すでにサノレックスを服用中の方も、いつかは服用を中止しなければならないという部分について考えるのなら、今が食事の見直し時と捉えてみてはいかがでしょうか。なお、ダイエット中には以下の栄養成分を中心に、できるだけ多くの栄養素を摂ることを心がけてみると良いでしょう。

  • タンパク質
  • 食物繊維
  • ビタミンB群
  • ミネラル成分

タンパク質

健康な筋肉維持に欠かすことができない成分ですので、肉や魚、大豆製品などからしっかりと摂りましょう。ただし、霜降り肉には脂肪分が多く含まれていますので、肉はなるべく赤身肉を選びましょう。

食物繊維

食物繊維には、血糖値の急上昇を防いだり腸内環境を改善したりする効果を期待できます。特にダイエット時には積極的に摂取しておきたい成分です。食物繊維はフルーツや野菜、キノコ、コンニャクに多く含まれています。ただし、ニンジン、カボチャ、イモ類は糖質の含有率が高いため、ダイエット中にはやや控えめに摂ることを心がけましょう。

ビタミンB群

ビタミンB1・B2は糖質の分解作用、ビタミンB6にはタンパク質の分解作用がありますので、やはりダイエット時には欠かすことができない成分だといえるでしょう。ビタミンB1は豚赤身肉、ビタミンB2は卵や乳製品、ビタミンB6はに多く含まれています。

ミネラル成分

鉄やカルシウムなどのミネラル成分には、骨粗鬆症の予防や鉄欠乏性貧血の予防効果を期待できます。鉄は海藻類、カルシウムはこうなごなどの小魚に多く含まれています。骨粗鬆症や鉄欠乏性貧血は女性に多いといわれる病気ですので、積極的な摂取を心がけましょう。

サプリメントから摂るのもひとつの方法

気を付けてはいても崩れやすいのが栄養バランスです。特にダイエット中には、高カロリー食にならないように注意を払いながら食事を摂らなくてはならないため、煩わしさを感じる方もいるはずです。

そのような方は、ダイエット食を摂りつつ、不足している可能性がある栄養素をサプリメントから摂取してみると良いでしょう。サプリメントにはさまざまな種類がありますが、栄養バランスで選ぶのであれば、複合タイプの製品がおすすめです。

食事の我慢はやっぱり辛い!そんなときには?

ガム

食欲を抑える薬が悪いというわけではありませんが、依存性などの副作用を考えると、あまりおすすめすることはできません。かといって、ダイエット中の空腹はやはり辛いものです。ダイエット中の空腹感に負けそうになった場合には、まずは以下の方法を試し、薬の服用は最後の砦として考えてみることをおすすめします。

  • 無糖炭酸水を飲む
  • 間食に野菜を食べる
  • ガムを噛む

無糖炭酸水を飲む

一時しのぎにしかなりませんが、どうにもならない空腹感で食べ物の誘惑に負けそうになったら、500ml程度の炭酸水を飲んでみましょう。炭酸が体内に留まっている間はお腹が膨れますので、無駄な間食を予防することができます。

間食に野菜を食べる

炭酸水でも空腹感を抑えることができないときには、間食で野菜を摂ってみることをおすすめします。キュウリであれば、1本約10kcal、キャベツなら70g(やや大きめな葉2枚分)食べても約16kcalと超低カロリーですので、ダイエットの妨げになる心配はありません。

ただし、野菜を食べる際にはオイル含有のドレッシングではなく、少量のノンオイルドレッシングまたは塩少々を調味料として使用しましょう。野菜であれば、間食として食べても血糖値が急上昇する心配がありません。

ガムを噛む

お腹がすいたら、シュガーレスガムを噛んでみましょう。食品を噛むという行為が満腹中枢を刺激して、ダイエット中の空腹感をごまかすことができます。

参考: 日本人における野菜の摂取量ランキングとプラス1皿で期待できる各栄養素の摂取量

まとめ

「ダイエット中の食欲抑制なら薬を飲めばいい」という考えが頭に浮かんだら、直ちに医療機関を訪れるのではなく、まずは薬の副作用について考えてみましょう。この記事ではサノレックスという食欲抑性剤を例に挙げて、薬が効く仕組みや副作用についてご紹介してきました。

サノレックスは医療機関で処方を受けなければならない薬ですが、処方を受けなければならないということは、市販薬よりも副作用のリスクが高いということです。ダイエット中の空腹感は確かに辛いものですが、今回ご紹介したように、それを回避する手段がないわけではありません。

空腹感を極力抑えてダイエットを続けたいという方は、ひとまずご紹介した対策を行って様子を見ましょう。これらの方法は薬の服用よりもはるかに安全、もちろん副作用の心配もありませんので、安心して実践することができるというメリットがあります。

-ダイエット
-,

執筆者:

関連記事

スクワットはたった1週間で理想の体形になれる究極のボディメイキング法

美ボディを目指す女性たちに、ひそかに人気のあるスクワットは、たった1週間で内側・外側の両方から美しく変身できる究極のトレーニングです。しかし、正しい方法で行わないと、効果がないばかりか、ひざや腰を傷め …

味噌汁ファスティングはお金をかけずにたった3日間でダイエットできる方法

ファスティングは、高価な酵素ドリンクを購入しなければ始められないイメージがあるかもしれません。しかしそんなことはありません。酵素ドリンクの代わりに、どこの家庭にもある味噌を使って手軽にファスティングが …

ダイエット中にも楽しくおやつ!何をどう食べればいい?

空腹はダイエットにつきものですが、その空腹感をストレスにするとダイエットを持続するのが難しくなってきます。そこで今回は、空腹を我慢せずにダイエット中でもおいしく間食を摂る方法をご紹介します。 関連記事 …

ダイエット中、塩分はどのように影響する?女性の適量は?

ダイエット中に塩分を多く摂ると、太ると言われているその訳は?適量はどのくらい?などダイエットと塩分の関係をご紹介します。 関連記事はこちら【簡単セルフケア】ダイエットで足やせする無料でできる3つの方法 …

お茶

お茶でダイエットができるって本当!?それぞれのお茶の効果と飲み方をご紹介!

ダイエットして理想の体型を手に入れたいと思っている女性は多いでしょう。痩せるために食事制限や運動をしているけれど、飲み物はどうしたらいいのかわからないという方も少なくありません。毎日飲んでいるお茶をダ …