熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

美容

気づいたらシワやたるみが増えていた!原因を知れば改善方法も見つかる!

投稿日:

                                   
                                      しわとたるみ                                   
                                  

自分と同じ歳なのに自分より若く見える人がいます。いわゆる「見た目年齢」が若い人とそうでない人の違いは、顔にシワやたるみがあるかないかです。年齢的なものだから仕方ないとあきらめてしまっている人もいるでしょう。でも、シワやたるみの原因を知ることで、その改善方法が見つかるでしょう。

シワとは?

シワ

「シワ」という言葉はあたりまえのように使っているけれど、シワにもいろいろな種類があります。よく知られているところでは「乾燥シワ」「表情ジワ」「ほうれい線」などがあります。

なかでも年齢と共にコラーゲンの量が減ることでできるシワや筋肉の動きに伴ってできるシワのことを私たちは一般的にシワと呼んでいます。

 

表情ジワとは?

 

私たちが普段生活している中で怒ったり、笑ったり、顔をしかめたりといった表情を繰り返すことで顔にシワができます。これが表情ジワです。個人の表情のくせによってできる場所は違いますが、年齢と共にそのしわが深くなります。

 

ほうれい線とは?

 

ほうれい線は、年齢と共に顔の骨が老化したり、脂肪が減ってきたり、筋肉が衰えることで皮膚がさがってたるむことが原因です。肌の乾燥や表情のクセ、そしてなど多くのことが組み合わさってほうれい線となります。

 

たるみとは?

たるみ

たるみといえば、肌の老化現象として知られています。肌の表面の真皮を支える役割がある繊維成分のコラーゲンやエラスチンが緩んでしまうことがたるみの原因です。若いころは、細胞分裂が皮膚の内部で頻繁に行われていて、新陳代謝を繰り返すので肌に柔軟性や弾力がキープされます。けれども、20歳すぎから肌の働きが衰えてくるので、少しずつたるみはじめるのです。

 

シワやたるみの原因は?

紫外線

シワやたるみが起こるのは、加齢だけが原因ではありません。いくつかの原因が考えられるのです。原因を知ることで正しい対処ができますし、これからできるシワやたるみを予防することもできます。

・表情筋が衰える
・コラーゲンの減少
・ターンオーバーが遅れる
・紫外線によるダメージ
・肌の酸化と糖化
・生活習慣の乱れ

 

表情筋が衰える

 

年齢を重ねると表情筋が弱ってきます。これが顔のたるみの原因となります。顔にはたくさんの表情筋があって、顔の表情を作る為にいつも動いています。この表情筋は普通の筋肉と違って皮膚に直接ついているので筋肉がたるめば、顔がたるんでしまうのです。

じつは、表情筋はどんなに表情豊かな人でも約3割程度しか使っていません。筋肉は使わないと弱っていきますので皮膚を支えられなくなります。さらに年齢を重ねると筋繊維自体も弱くなるので、顔のたるみの原因となります。

 

コラーゲンの減少

 

私たちの皮膚は、上から表皮、真皮、そして皮下組織の三層からできています。真ん中の真皮層には、コラーゲンやエラスチンといったタンパク質の繊維組織が網目のように張り巡らされています。これが、肌に弾力をキープさせてくれます。

コラーゲンやエラスチンは、年齢を重ねるとともに減少したり、変質して弾力を保てなくなります。また、若い時にはしっかりと水分をキープできていたものが年齢と共に水分がキープできなくなり、ハリがなくなった肌は重力に逆らえなくなり、たるみとなります。

 

ターンオーバーが遅れる

 

肌の一番上の表皮層では、古くなった細胞が剥がれ落ちて、新しい細胞に生まれ変わります。これを肌のターンオーバーといいます。20代女性の場合、平均で28日周期でこの肌のターンオーバーが行われますが、年齢を重ねると周期が遅くなって50代では45日程度といわれています。

つまり新しい皮膚に生まれ変わるまでに1か月以上かかりますから、肌表面は古い皮膚で覆われている状態なので、肌がかたくなり表面は乾燥した状態になります。この悪循環が肌の弾力を失い、シワやたるみを増やしてしまうのです。

 

紫外線によるダメージ

 

肌の老化には2つのタイプがあります。ひとつは、加齢による老化で肌が薄くなってきて、色も白くなります。もうひとつは、紫外線による老化で紫外線のダメージによって、肌のハリや弾力の元となっている弾性繊維が壊れていきます。ですから、肌の色が濃くなって、皮膚も厚くなってしまいます。弾力を失った肌は、たるみやすくなります。

 

肌の酸化と糖化

 

肌の「酸化」と「糖化」という言葉を聞いたことがありますか?「酸化」は、紫外線やストレス、激しい運動などで活性酸素が体内に発生して細胞にダメージを与えることで起こります。じつは、この活性酸素はウイルスなどを攻撃する為に必要なものですが、増えすぎてしまうと肌の細胞を変質させたり、新陳代謝の邪魔をしたり、毛穴が開きやすくなり、シワやたるみの原因となります。

「糖化」は、私たちが生きていくうえで必要不可欠な糖が分解しきれずに体内に残ってしまい、タンパク質と結合してしまうことです。糖と結合したタンパク質は、固く濃い色になります。ですから、透明感やハリのない肌になるだけでなく、新陳代謝が乱れて肌のたるみとなります。

 

生活習慣の乱れ

 

40代、50代の女性は仕事や家事に忙しく、寝るのが遅くなって睡眠不足という方も少なくありません。睡眠不足は肌の生まれ変わりに必要な成長ホルモンの分泌がうまくできずに、肌の表面に古い角質が残ってしまいます。これがたるみの原因となります。また、運動不足も代謝が落ちるので、肌のターンオーバーが乱れて肌にハリがなくなりたるみが起こりやすくなります。

このように、シワやたるみの原因となる事は、私たちの生活のなかにいくつもあることがわかります。

 

シワとたるみの改善法

0
シワやたるみの原因が分かったところで、それぞれにあった改善法をご紹介しましょう。

・表情筋を鍛える
・コラーゲンを補う
・紫外線対策をする
・肌の糖化や酸化を防ぐ
・生活習慣を見直す

 

表情筋を鍛える

 

肌のシワやたるみの一番の原因となる表情筋の衰えです。そこで表情筋を鍛えることでシワやたるみを改善していきましょう。

表情筋を鍛えるエクササイズがいくつかありますが、ここでは1つご紹介しましょう。

1.口を軽くとがらせるように出します。
2.このとき、上のはぐきをむき出しにするような形で頬の上部をあげます。
この状態で筋肉が痛いと感じるくらいまでキープします。
3.もとの顔に戻します。
4.口をタテに伸ばすように顔を引き延ばします。
ほうれい線がのびるように意識しましょう。

これを数回、毎日繰り返しましょう。

 

コラーゲンを補う

 

加齢によって減ってしまったコラーゲンを補うために、鶏皮や軟骨、ふかひれなどを食べると良いでしょう。とはいえ、毎日は難しいという方はコラーゲンのサプリメントやドリンクなどを活用しましょう。

 

紫外線対策をする

 

紫外線は夏だけでなく、冬でも1年中降り注いでいます。とくに紫外線による顔のシワやたるみを防ぐには、対策をしっかりすることが大切です。日焼け止めの種類はいろいろありますが、日常的に使う場合にはSPF20から30ぐらい、PA+++ぐらいで充分です。1日1回塗るだけではなくて、数時間おきに塗りなおすようにしましょう。

 

肌の糖化や酸化を防ぐ

 

肌の糖化を予防するためには、摂取する糖質をひかえることです。すべての糖質をオフするのは難しいので、いつもより量を少なくすることから始めてみましょう。

肌の酸化を予防するためには、活性酸素を発生させる原因となる、飲酒やたばこ、食品添加物などをできるだけ控えることです。また、ビタミンA,C、Eの豊富な野菜やミネラルが豊富な赤みのお肉、ポリフェノールが豊富なベリー類などを毎日の食事に積極的に摂りいれていきましょう。

 

生活習慣を見直す

 

睡眠不足はお肌にとっては悪い影響しかありません。眠りについてからの3時間は、肌の生まれ変わりにとても大切な時間です。ですから、質のよい睡眠がとれるように環境づくりをしましょう。

また、適度な運動は血行をよくするので、老廃物を排出して、肌の生まれ変わりを助けてくれます。毎日は難しくても、週に2~3回はエクササイズやウォーキングなど軽い運動をする習慣をつけましょう。

 

まとめ

 

年齢と共に顔にはシワやたるみが現れます。年齢のせいにして諦めることはありません。シワやたるみの原因を知ることで、最適な改善方法を見つけることができるのです。

日常生活のなかで、表情筋を鍛えるエクササイズをしたり、紫外線対策をしっかりするのは、むずかしいことではありません。今日からできることから始めていけば、即効性はなくても数年後のお肌はきっとシワやたるみが少なく、若々しい肌へと導かれていることでしょう。

-美容
-, ,

執筆者:

関連記事

出来てしまったシミに効果的な3つのケア方法

いつの間にか気づかないうちにお肌に点々としたシミがあると気づいた時ショックです。シミの原因とそれぞれの特徴・対策方法などをご紹介します。 関連記事はこちら大きいシミは肝斑?普通のシミとの見分け方は?シ …

たるみ毛穴に注意!放置していると○○毛穴に!?

毛穴の悩みは年齢とともに変化します。ある程度年齢を重ねて目立ってくるのはたるみ毛穴です。たるみ毛穴の原因はいくつかに分類されていますが、いずれの場合であっても、放置しているとさらに目立つようになり、改 …

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射に期待できるシワとり効果とは?持続期間はどれくらい?

できてしまった深いシワをケアする方法はいくつかありますが、速効性という点で考えるのであれば、ヒアルロン酸注射が最も効率的でしょう。ですが、ヒアルロン酸注射にはメリットだけではなく、デメリットもあります …

かかとのガサガサ…症状と自宅で行う対処法

かかとが荒れていてガサガサしているとストッキングが引っかかって伝染してしまったり、酷い時にはひび割れで痛くなったりします。かかとのガサガサで自分がどの症状でどんな原因であるかを知り、それに合った対処を …

美肌には運動不足が大敵!美容に効果的な運動

美肌でいたいとは誰もが思うことでしょう。お肌の状態で見た目年齢が全然違って来ます。運動不足がお肌にどれだけ悪い影響を及ぼすのか?運動するとどんな効果があるのか?をご紹介します。   目次1 …