熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

美肌

美しい肌を作るために欠かせない美肌菌って何?育てる方法は?

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

女性にとって美しい肌は、憧れです。美しい肌を作るためにはスキンケアが大切なことはよく知られています。実は、お肌の美肌菌を育てることでしっとりと潤って、肌トラブルのない健やかな肌になれると言われていることを知らない人も多いのです。そこで、今回は美しい肌を作るために欠かせない美肌菌について、ご紹介していきましょう。

 

美肌菌ってどんな菌?

美肌菌は、簡単にいうと肌に存在している善玉菌のことです。私たちの肌には、菌が存在しています。菌と聞くと汚いイメージがあるかもしれませんが、肌に常在している菌が美しい肌を作ってくれるのです。

肌には、善玉菌と悪玉菌と常在菌が存在していますが、その中の善玉菌が美肌菌と呼ばれています。この善玉菌は表皮ブドウ球菌のことで、グリセリンやセラミドなどの潤い成分を守ったり、肌を弱酸性に保つ働きがあります。

さらに肌の細胞の原料になるアミノ酸を作ったり、肌にハリやキメを与えてくれたり、くすみやしみに働きかけてくれるのも美肌菌です。

 

美肌菌ってどんな働きがあるの?

では、美肌菌を育てるとどのような効果があるのでしょうか?

1.グリセリンという保湿成分を生み出す
2.肌を弱酸性に保ってセラミド産生を助ける
3.悪玉菌の増殖を抑えてペプチドを生成する

主にこの3つの働きがあります。

 

1.グリセリンという保湿成分を生み出す

美肌菌には、毛穴からでた皮脂を分解してグリセリンという保湿成分を作る働きがあります。肌の表面には角質層があって、その角質層をつくる角質細胞には、アクアポリンという水分があり、そこにはグリセリンの通り道があります。

水分とグリセリンが多く供給されると、水分が蒸発しにくくなって角質細胞がうるおいで満たされるのでお肌がしっとりとしてきます。

2.肌を弱酸性に保ってセラミドを産生する

美肌菌には、肌の表面を弱酸性の状態にキープする働きもあります。肌表面が弱酸性に保たれると肌の中の保湿成分セラミドが作られやすい環境となります。

3.悪玉菌の増殖を抑えてペプチドを生成する

美肌菌は、黄色ブドウ球菌という肌荒れや皮膚炎などの原因と細胞を退治することのできる抗菌ペプチドを生成して肌を守る役割もあります。

この3つの美肌菌の働きによってお肌がしっとり健やかになります。

美肌菌を増やすことはできるの?

では、美しい肌を作るために必要な美肌菌は増やすことができるのでしょうか?美肌菌を減らさないように、増やすことができる方法がいくつかありますのでご紹介しましょう。

1.汗をかくこと
2.部屋を加湿すること
3.洗顔をしすぎないこと
4.過剰な化粧品を使わないこと

この4つになりますので、それぞれを詳しくお話してきましょう。

1.汗をかくこと

汗や皮脂は美肌菌にとっては大切な栄養となります。夏は汗をかく機会も多いのですが、冬になるとなかなか汗をかきません。そこで、体を動かしたり、温かいものを食べたりして、できるだけ汗をかけるように心がけましょう。

さらに、体の中から温まり代謝を高めることで体温も上昇して、美肌菌にとって居心地の良い環境となります。

2.部屋を加湿すること

美肌菌にとって居心地の良い環境には、一定の温度と湿度が必要となります。とくに秋冬は温度も湿度も下がりますので、美肌菌にとっては良い状態ではありません。そこで、加湿器を活用したり、洗濯物を室内に干したりして、できるだけ部屋を加湿するようにしましょう。

3.洗顔しすぎないこと

スキンケアの基本ともいえる洗顔です。けれども、クレンジングや洗顔料で顔を洗うことで肌表面に住んでいる常在菌も洗い流されてしまいます。つまり美肌菌も洗い流されてしまうということです。

洗い流された菌が回復するまでには半日かかると言われていますので、洗顔料やクレンジングを使って洗顔するのは夜だけにして、朝はぬるま湯ですすぐように洗いましょう。

4.過剰な化粧品を使わないこと

美しい肌をつくるためにあれこれ化粧品を使いたくなります。けれども、多くの化粧品には防腐剤や保存料などの添加物が含まれています。これらの成分は化粧品のなかで菌が増殖しないようにしていますので、美肌菌にもダメージとなることがあります。

もちろんスキンケアは大切ですが、大量に化粧品を使ったり、さまざまな化粧品を重ねてつけることは逆効果ですので気を付けましょう。

 

角質をケアして美肌菌を育てる

美肌菌を育てるための大切なポイントは、角質層をケアすることです。
そこで、角質層のケア方法もご紹介しておきましょう。

1.メイク落しは、洗顔前にメイクと汚れをしっかり落とすこと
2.夜の洗顔は、洗顔料をよく泡立ててこすらずにやさしく洗うこと
これが、角質層を必要以上に壊さないために大切です。
3.入浴は、温めの温度で時間は15分以内にすること
長時間の入浴で角質層がふやけて壊れるのを防ぐことが大切です。
4.スキンケアアイテムは、防腐剤やアルコールなどが含まれていないものを選ぶこと
防腐剤やアルコールなどの添加物がせっかくの美肌菌を減らしてしたり、悪い影響を与えることもあるので気を付けましょう。
5.寝る前に軽い運動をして汗をかくこと
睡眠中は美肌菌を育てる大切な時間ですから、寝る前に軽いストレッチ等をして汗をかくことで菌が増えやすい環境を作ってあげることも大切です。

このように毎日の中ですこし気を付けるだけで、角質層をケアして、美肌菌を育てることができます。

まとめ

 

美しい肌を作るために必要な美肌菌です。この美肌菌は、普段の生活の中でちょっとしたことを気を付けるだけで増やすことができます。美肌菌が増えると、しっとりと潤ってつやのある健康的な肌へと導いてくれますので、できることから取りいれていきましょう。

まずは、自分の普段のスキンケアを見直すことから始めましょう。洗いすぎていないか、化粧品を使いすぎていないか、改善できることが見つかるかもしれません。

-美肌
-

執筆者:

関連記事

ホワイトニングで白い歯を手に入れる確実な方法

憧れの白い歯をあきらめていませんか?あなたの歯の黄ばみ、安全に確実に解決する方法を教えます。 関連記事はこちら水虫の原因と対策、薬を使わないセルフケア老化のメカニズムと緩やかにする方法は?垂れ尻がみる …

タオル

化粧品の効果は嘘!?何を使っても変わらない理由とは?

新しい化粧品が販売されるたびに試しているのに、効果をまったく感じられないという方がいます。そして、このようなことが続くと本当にがっかりするかもしれません。しかし、それは化粧品の配合成分ではなく、実はご …

タバコ

禁煙すると美肌を実感できる?タバコとお肌の関係とは?

「タバコを吸う人は、吸わない人と比べて老け顔になりやすい」このような話を耳にした方は多いのではないでしょうか。もちろん、タバコを吸っていても美肌を保っている方はいくらでもいます。しかし、美肌づくりを目 …

漢方

シミを本当に改善するなら体質改善から!漢方で体の中からアプローチ

女性にとってシミひとつない白く透き通る肌は憧れです。でも、残念ながら年齢と共に肌にはシミが増えてきてしまいます。シミができていることに気づいたらできるだけ早く対処したいと思います。そこで本気のシミ対策 …

シミ改善なら医薬品がいい?塗り薬と飲み薬ならどちらを選ぶべき?

茶色いシミであれば目立ちますが、薄いピンク色のシミは目立たないため、そのまま放置してしまう方は多いことでしょう。ですが、そのシミの色が徐々に赤みを帯びて変化してきたら、さすがに慌てます。では、顔にでき …