熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

熟女世代

更年期っていつから始まるの?更年期障害の対策方法は?

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

シミやシワなど、お肌の老化現象は鏡を見ればすぐに確認できます。一方で、身体の内部で起こっている老化現象は目で確認することができず、身体の不調が現れて初めて気付くことがほとんどです。今回は、更年期に差しかかる年齢や、更年期障害対策についてご紹介します。

 

更年期っていつから始まるの?原因は?

更年期という言葉は知っていても、それに差しかかる時期や、更年期に伴うさまざまな諸症状知っておかないと、突然の体調不良であたふたしてしまうことがあります。
では、更年期はいつから始まるでしょうか?

更年期に突入するタイミングは人それぞれですが、閉経前後の5年間を更年期と呼び、45~55歳を目安に突入する方が多くなっています。また、更年期に突入しても目立った体調不良が現れない方もいますが、ほとんどの方には更年期に伴うさまざまな体調不良(更年期障害)が現れます。

 

更年期の原因は何?

 

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)には、女性らしい身体つきや髪の生成、脂肪の燃焼、自律神経のバランスを整えるなどの働きがあります。エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンで、その分泌量は20代後半にピークを迎えますが、その後の分泌量は緩やかに減少していきます。

すると、自律神経がアンバランスになったり血行不良が起こったりして、更年期障害が起こりやすい状況が整います。

 

更年期障害の諸症状について

しばらく生理が続いていても、以下でご紹介する症状が現れている場合には、すでに更年期障害が起こっている可能性が考えられます。それでは、更年期に伴って現れることがある、更年期障害の諸症状をご紹介しましょう。

  • ホットフラッシュ
  • 動悸・息切れ
  • めまい、ふらつき
  • 耳鳴り
  • 肩こり、片頭痛
  • 疲労・倦怠感
  • 情緒不安定
  • 性交痛

ホットフラッシュ

運動や香辛料の摂取など、汗が出る原因をつくっていないのに、突然全身が熱くなって滝のような汗が流れ出す症状です。この症状は自律神経のバランスが崩れることによって起こり、四六時中どこで起こるかわからないという特徴があります。この症状は、更年期障害の中で最も起こりやすい症状だといわれています。

動悸・息切れ

これもまた、自律神経のバランスが崩れることで起こる症状です。不整脈とよく似ていますが、不整脈のように継続的に起こるのではなく、断続的に起こるという特徴があります。

めまい、ふらつき

自律神経の不具合とともに血流が滞ると、めまいやふらつきが起こることがあります。特に重度のめまいやふらつきが起こると、事故に巻き込まれる可能性が高くなります。この症状は非常に危険ですので、気がつき次第、婦人科へ直行しましょう。

耳鳴り

自律神経は聴覚神経に影響を及ぼすことがあり、バランスが崩れると耳鳴りの症状が現れることがあります。これは、自律神経のバランスの崩れが引き起こす、不安定な血圧が影響を及ぼして現れる症状だと考えられています。

肩こり、片頭痛

血行不良によって起こる症状ですが、これもまた、自律神経のバランスの崩れが原因で起こります。

疲労・倦怠感

生理が重いときに、疲労感や倦怠感に襲われたことがある方は多いのではないでしょうか。これは、プロゲステロン(黄体ホルモン)分泌量が急激に増えることで起こります。

更年期障害の場合では、プロゲステロンの分泌量が増えるのではなく、エストロゲンの分泌量が減ることでこの症状が起こりますが、生理時と同様の疲労感や倦怠感が現れます。この症状は、ホットフラッシュに次いで起こりやすいといわれています。

情緒不安定

更年期うつという、更年期限定の抑うつ症状が現れることがあるほか、急にイライラしたり怒りっぽくなったりすることもあります。

性交痛

エストロゲンの減少によって膣内の乾燥や委縮が起こると、性交時に痛みを感じることがあります。

 

更年期障害かな?と思ったときの対策方法をご紹介!

更年期障害のような疑わしい症状が現れたら、まずは婦人科に相談してみましょう。婦人科ではホルモン療法をはじめとする、更年期障害に対応した治療がいくつも用意されています。また、抑うつ症状のような症状が現れた場合には、ひとまず心療内科でカウンセリングや薬の処方を受けてみてください。

たとえ更年期うつであったとしても、初期段階で治療を開始すれば早期に完治させることが可能です。軽い症状で、病院を訪れるまでもないと感じたのであれば、以下の方法でとりあえずの対処をしてみましょう。

  1. 市販薬で対応する
  2. 有酸素運動を行う
  3. 十分な睡眠をとる

市販薬で対応する

ドラッグストアなどでは、更年期障害に対応した市販薬が販売されています。このような市販薬には即効性を求めることはできませんが、飲み続けることが更年期障害の改善につながるでしょう。

有酸素運動を行う

週1回程度、1回30分以上の有酸素運動を行ってみましょう。有酸素運動は血流改善に役立ち、更年期障害の諸症状の改善効果を期待できます。

十分な睡眠をとる

自律神経のバランスが乱れると、交感神経の働きが活発になって寝つけなくなることがあります。ですが、睡眠時間が削られるとセロトニンという脳内伝達物質の分泌量が減り、ますます寝つきが悪くなる場合があります。

このようにどうしても寝つけないときには、一時的に睡眠導入剤を服用してみると良いでしょう。睡眠導入剤は、婦人科、心療内科、内科で処方を受けることができます。

 

他の病気を併発している可能性も…

 

頭痛やめまいは、高血圧やメニエール病を発症したときに起こることがあります。
更年期に差しかかる年齢を迎えてさまざまな症状が現れると、「多分更年期障害だろう」くらいに考えて放置してしまう方がいます。

ですが、自己判断で放置していたら実は重大な病気だったということもあり得ます。頭痛やめまいが頻繁に起こるのなら、ひとまず内科で検査を受けて症状の原因を突き止めておきましょう。

また、動悸・息切れが長期間継続して起こっているのなら、単なる更年期障害ではなく不整脈が起こってることが考えられます。この場合でも自己判断で放置するのではなく、内科で検査を受けて適切な処置を受けることをオススメします。

 

まとめ

 

「女性なら誰でもなるものだし、そのうち治るだろう」という安易な考えから、気がついているのに更年期障害を放置する方がいます。もちろん、現れている諸症状が軽くて日常生活に支障をきたさないレベルであれば、放置しておいても問題がないこともあるでしょう。

ですが、辛い自覚症状が現れているのに放置してしまったら、症状が悪化するリスクが広がります。さらに、別の病気を発症しているのに気がつかず、そのまま症状が悪化する可能性も高まります。

辛い更年期障害の諸症状が現れたのなら、何はともあれ婦人科を訪れ、それ以上の悪化を防ぐことに尽力しましょう。

-熟女世代
-,

執筆者:

関連記事

50代からの美白と自宅で出来る3つの簡単ケア方法

最近シワ・シミ・たるみが出て来たその原因は何でしょうか?若い頃と違ってお肌の回復力が下がって、なかなか思うような状態にならないと言う事はありませんか?簡単に出来る3つのケア方法をご紹介します。 関連記 …

むくみにさよなら!スリムな毎日3つの方法

むくみ(浮腫)の原因は水分の代謝がうまく機能していない事です。この代謝機能が低下する原因とそれを解消する方法や食べ物などをご紹介します。 関連記事はこちらむくみのメカニズムと簡単解消法!ムダ毛処理、皆 …

ダイエットしても脂肪が落ちない!それって、ひょっとすると更年期脂肪かも!?

若い頃は、ほっそりスリム体系だったのに、40代を過ぎたあたりから急に太りやすくなったという経験、もしかするとあなたもお持ちかもしれません。しかし、このような現象が起こるのにははっきりとした理由があり、 …

40代でもラクラク!基礎代謝をあげる3つの方法

基礎代謝って一体何なのでしょうか?下がるとどう言う事になるのでしょう?基礎代謝を上げる3つの方法の中で最も有効なものをその方法と共にご紹介します。 関連記事はこちらダイエットの成功のカギは基礎代謝を上 …

女性ホルモンのバランスが崩れて起こる身体の変化と原因と対処法は?

ある年代になり始めると、『女性ホルモンのバランスが崩れ始めると、体調が悪くなる』と、聞いたことがあると思います。イライラする、体がむくむ、生理不順になる、など身体の不調が表れ始めます。身体の中で起こっ …