熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

アンチエイジング 美肌

コラーゲンの効果的な摂り方で美肌になる方法

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

「コラーゲン」と聞いて多くの人はぷるぷるで弾力のある美肌に欠かせない成分など、潤いに関することを連想するでしょう。しかし一方では、なかなか体内に摂りこむことが難しいというイメージもあるかもしれません。今回は、コラーゲンの作用と効率的な摂取法についてまとめてみました。

コラーゲンとは

 

コラーゲンとは、人の体をつくるタンパク質の一種です。人間の体の約20%はタンパク質でできているといわれます。コラーゲンはそのうちの約3分の1を占めている成分です。その中の40%は皮膚に存在し、20%は骨や軟骨などの組織と組織を結びつける結合組織の主成分となっています。

 

 

美肌に欠かせないコラーゲン


皮膚に存在しているコラーゲンのうち、70%は皮膚の深層にある「真皮という部分にあります。真皮とは、肌の表面である表皮と皮下組織の間にある結合組織繊維から構成される平均2mの肌の本体の部分です。

 

真皮でのコラーゲンは、以下のような働きをします。

 

  • 細胞と細胞を結びつける
  • 組織を支える
  • 境界線をつくる

 

真皮にはコラーゲンのほかにエラスチンが網の目のように張り巡らされていて、その中にヒアルロン酸が入っています。ご存知のとおり、ヒアルロン酸は美肌には欠かせない成分です。しっかりしたコラーゲンの土台があればヒアルロン酸も豊富になり、肌にハリと潤いがうまれます。

 

要するに、綺麗な肌をつくるためには、コラーゲンが欠かせない成分ということになります。ところが25歳を過ぎたあたりから、コラーゲンは徐々に減少していきます。これにより、肌の弾力性が失われることで、しわの原因になってしまいます。では、減少してしまったコラーゲンを補うにはどうしたら良いのでしょうか。

 

 

 

コラーゲンの定説について

 

実際にフカヒレや手羽先、牛すじなどを摂った翌朝に、肌のぷるぷるした潤いや化粧のノリの良さを感じたことのある方も多いでしょう。このようにコラーゲンが美肌に必要だということは、多くの人が認識しています。そして多くの人は、摂取した後の肌の変化を実体験として体感しています。

 

しかし、一方で、コラーゲンは食事やサプリメントから摂っても、アミノ酸に分解されてしまうので、肌の潤いには直接働かないという、定説があるのも確かです。

 

この定説の「直接働かない」という部分だけに注目すると、一生懸命美のためにコラーゲンを取り続けても意味をなさず、老化を食い止める手立てがないのだろうか? そして、あの翌朝のぷるぷるした肌は、思い込みに過ぎなかったのだろうか?という疑問が湧いてきます。

 

 

しかし、ここで朗報です。2005年頃からのコラーゲンの研究では、摂取されたコラーゲンの一部分は、分解されてコラーゲンペプチドとして体内に入り、間接的に美肌や艶髪に関係することがわかってきています。

 

 

コラーゲンペプチドの働き


では分解されて体内に入ったコラーゲンペプチドは、どのような働きをしているのでしょうか。現在研究でわかっているのは、コラーゲンペプチドは線維芽細胞を増やす働きをするということです。これにより間接的に美肌に必要なコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生を促す働きがあるそうです。

 

以前からの定説でいわれているように「直接的」には働かないのですが「間接的」に美肌に有効ということになります。

 

 

効率よくコラーゲンを摂取するには

それでは、効率よくコラーゲンを摂取するには、どのようなことに気をつけたらよいのか見ていきましょう。

 

良質なタンパク質と一緒に摂る

 

良質なタンパク質と一緒に摂るということが基本になります。コラーゲンを手っ取り早く摂取するにはサプリメントが良いと考えがちです。しかし、効率よく体に取り込むためには、アミノ酸バランスの良いタンパク質も一緒に摂ることが必要のようです。

 

タンパク質が不足すると、コラーゲンを新しくつくることや古いコラーゲンを分解することができにくくなります。それにより新陳代謝が滞ってしまい、ターンオーバーがうまくいかなくなるからです。

このことから、サプリメントの前にまずは良質なタンパク質が摂取できて、なおかつコラーゲンが豊富に含まれている食品を摂ることが大事なようです。

 

<おすすめの食品>

 

  • うなぎ
  • さけ
  • 豚こま切れ
  • 牛すじ
  • 手羽先
  • 赤身の多い肉
  • 皮の厚い魚

 

ビタミンCも一緒に摂る

 

コラーゲンの合成にはビタミンCが必要です。ビタミンCは、コラーゲンを構成するアミノ酸に働きかけてくれる作用があります。また体内のコラーゲンが安定して働けるようにサポートする力もあるようです。

 

良質なタンパク質を摂ると同時に、ビタミンCも一緒に摂ることが効率よくコラーゲンを摂るポイントのようです。

 

<おすすめの食品>

 

  • レモン
  • いちご
  • 赤ピーマン
  • キウイフルーツ
  • ブロッコリー

 

 

 

日常気をつけること

せっかく効率よくコラーゲンを摂取しても、日常の生活習慣で台無しにしてしまわないように気をつけることはどんなことがあるか見ていきましょう。

 

揚げ物・糖分の摂りすぎに注意

 

揚げ物はコラーゲンやヒアルロン酸の生成を低下させてしまうといわれています。また糖分の摂りすぎも控えましょう。血液の成分が高血糖の状態になるとコラーゲンが糖化し、異常タンパク質に変性してしまいます。それにより、結合するはずの線維芽細胞が結合できず、肌の弾力が失われてしまうそうです。

 

 

タンパク質の過剰摂取には気をつける

 

コラーゲンの摂取に一生懸命になるあまり、タンパク質の過剰摂取にならないように気をつけましょう。

 

タンパク質の過剰摂取は、腸内環境の乱れにつながります。また、消化するために内臓に負担がかかり、内臓疲労をおこしやすくなります。そしてカロリーが高くなり、肥満になりやすいので注意が必要です。

 

紫外線に注意

 


紫外線は、コラーゲンの大敵です。正常なコラーゲンは、真皮層の中で一定の規則を持ち配列しています。このような状態の皮膚はうるおいを保つことができます。しかし、紫外線でダメージをうけた肌は、コラーゲンの束がバラバラになり劣化してしまいます。

 

この状態はコラーゲンが老化した状態で、シミしわなどの皮膚の老化につながります。良質なコラーゲンを維持するためには、紫外線から肌を守ることは必須条件なのです。

 

まとめ

 

美容家の人たちに聞くと、きれいと言われる人たちが持っているものの共通点は「肌のツヤ」だという答えが返ってきました。「ツヤ」さえあれば、透明感やハリを感じさせることができるそうです。

 

この「ツヤ」を出すために、必要なのは真皮で規則正しく配列しているコラーゲンです。今回勉強してみて今さらながら、コラーゲンは美の他にもいろいろな効果があるといわれています。

 

  • 髪が太くなり丈夫になる
  • 爪が丈夫になる
  • 骨が丈夫になる
  • 傷が治りやすくなる

 

このように、さまざまな体の部位のアンチエイジングに嬉しい効果を発揮するコラーゲンですが、いっきに体内で増やすことは難しいので、日頃の食生活で常に摂ることを心がけながら、気長にコツコツ続けるのが良いでしょう。

-アンチエイジング, 美肌
-, ,

執筆者:

関連記事

酵素不足が健康と美容に影響を及ぼすと言うのは嘘!?

最近、巷では酵素不足が健康や美容に影響を及ぼすので、たくさん摂ったほうが良いと言う情報が多く出回っています。実際に20代をピークに体内の酵素が減少の一途をたどるとも聞こえて来ます。この情報の元は「酵素 …

ボーン・ブロスは腸の炎症を癒やす究極のアンチエイジングスープ

ニューヨーカーや欧米のセレブの間で人気のボーン・ブロスは、炎症で傷ついた腸を癒やすのに、高い効果があるとされています。さらにその栄養価の高さから、究極のアンチエイジング効果があることで注目されています …

潜在意識

美肌になるために潜在意識を上手く使いましょう

潜在意識を使って美肌になることができるという情報がネット上にあります。潜在意識とは、いったいどんなもので、どのようにして活用すればよいのでしょうか?潜在意識の使い方などをご紹介します。 関連記事はこち …

ココナツオイルがただの流行ではなく美肌・健康に効果的な本当の理由

数年前に爆発的なブームを起こしたココナツオイルですが、最近は、その熱も下降気味です。しかし、流行で終わるにはもったいないほどの効用が、研究者の間で明らかにされてきています。今回は、ココナツオイルの美肌 …

40代のアンチエイジングで効果的な食べ物とは?

40代でのセルフケアで綺麗を持続することができるか否かが分かれるそうです。どのような食べ物が効果的にアンチエイジングに役立つのか?また、更に効果アップする方法をご紹介します。 関連記事はこちらベジブロ …