熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

美容

かかとのガサガサ…症状と自宅で行う対処法

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

かかとが荒れていてガサガサしているとストッキングが引っかかって伝染してしまったり、酷い時にはひび割れで痛くなったりします。かかとのガサガサで自分がどの症状でどんな原因であるかを知り、それに合った対処を行うことでキレイなかかとになる早道です。

 

皮膚の構造と役割

 

寒い冬だけでなく、素足履きする季節でもガサガサになりやすいかかとですが、そもそも足裏の皮膚がどのような構造と役割をしているのでしょうか。

皮膚の構造は体の外側から「表皮」->「真皮」->「皮下組織」と呼ばれています。

  • 表皮・・・外側で空気による乾燥から守るバリア機能
  • 真皮・・・表皮をサポートする役割
  • 皮下組織・・・肌に栄養を運んだり、老廃物を排出する役割

その中でも表皮は外側から角層顆粒層有棘層基底層の4つの層からできています。基底層から細胞分裂をして分化し、角層になって最終的には垢(あか)となってはがれます。
角質が何層にも積み重なってできた状態を「角質層」と呼んでいます。表皮の下にある真皮には血管・神経・皮脂腺・汗腺などがあると言われていますが、足裏の真皮には皮脂腺がありません

 

かかとのガサガサの原因

かかとのガサガサには以下のような原因があると言われています。

乾燥

 

冬は季節的に、夏はクーラーや素足履きによる影響でかかとだけでなく、身体全体の肌が乾燥しやすくなります。
もともとかかとには、他の肌のような皮脂を分泌することによる保湿や保護の役目の皮脂腺がありません。そのため、かかと表面の角質層は水分不足によって乾燥をしやすい部位といえます。また、かかとの乾燥状態が続くと、古い角質が蓄積されて角質層が厚くなりやすくなります

 

角質層が厚くなっている

 

顔の角質層は10~20層ほどと言われていますが、かかとの場合、100層以上、厚いかかとの場合は150層以上や更に厚い場合は200層以上にもなってしまうこともあるそうです。かかとの厚く古い角質層はひび割れの要因になりやすく、角質層が厚くなる主な原因は、「乾燥」と「外部から刺激」だといわれています。

 

外からの刺激

 

足の裏は、全体重を支え、歩行などで大きな刺激があるため、他の部位と比べると、角質層がもともと厚くできています。その中でもかかとは歩くときに最初に着地するため、地面からの刺激を一番受けやすい部位でその結果厚くなる傾向があります。

また、サイズの合わない靴やヒールを履いていると、靴の中で足が圧迫され、摩擦でかかとがこすれ、外からの刺激によって防御反応として、角質が厚くなります。角質が厚くなると体内から水分や脂質が届きにくくなり、ますます乾燥を引き起こしてしまいます。

 

新陳代謝の低下

 

古くなった角質は、新陳代謝とともに、垢となって自然にはがれ落ちます。しかし、足は血液やリンパの流れが滞りやすく、新陳代謝が悪くなりがちです。その結果、古い角質がはがれ落ちず、角質層分厚くなっていきます。身体が冷えると、新陳代謝が悪くなるため肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)も時間がかかってしまいます。

 

水虫などの雑菌

 

保湿ケアや角質層のケアを行っても、あまり効果が見られない場合や足裏の一部や足指の間などに水疱やただれがある場合、水虫などの雑菌の影響によることがあります。この場合、足裏のガサガサでも痒みや痛み、臭いなどを感じないこともあるため、見た目でほかのケースと比較しても、判別が困難です。足裏などに水虫などの皮膚トラブルがある場合は医療機関にご相談することをお勧めします。

 

対処方法

 

清潔にする

 

かかとのケアで古い角質を取り除いたり、保湿を行うことがありますが、ケアの効果をアップさせるためにも、足の裏全体を石鹸やブラシ等を使用して、よく洗ってあげることが大切です。足があまり清潔でないと、雑菌がたまりやすく、水虫などによるトラブルもあり、雑菌からかかとが硬くなってしまうこともあります。

 

古い角質を取り除く

 

かかとに蓄積された古い角質を取り除きます。次のような方法があります。体質や皮膚の様子を見ながら、何回かに分けて行うことをお勧めします。

  • 電動角質リムーバー・・・乾燥した足に電動角質リムーバーを当てて、角質を削る方法です。
  • フットパック・・・薬剤が入った靴下型のビニール袋に足を浸してパックする方法です。パックが終わったら、水で薬剤を洗い落します。効果が出てくるのは数日後です。
  • やすりや軽石・・・お風呂やフットバス等で足の裏の皮膚がふやけた状態で軽石等をお湯などに浸してから硬いかかとの皮膚を優しく擦る方法です。

保湿

 

清潔にした足裏全体に保湿クリームを塗り、皮膚の乾燥を防ぎます。古い角質層を取り除いた後は皮膚が薄くなっているので、保湿クリームは皮膚ガードの役割もします。
保湿クリームにビタミンEが含まれているものは血行促進する効果があり、また、尿素配合のものは角質を柔らかく、水分の保持量を増加させる効果があります。メーカーによって特色が異なるので足裏の状態に合わせたもの選ぶことをお勧めします。

 

歩き方を足裏全体で

 

歩くときに着地点がかかとから付くため、その衝撃によって、かかとの皮膚が硬くなる場合もあります。その衝撃を分散させるためにも、自分の足に合った靴で姿勢よく足裏全体で着地するイメージで歩くことをお勧めします。また、適度なウオーキングは身体の血行を良くするため新陳代謝の低下を予防します。

 

医療機関に相談

 

足のケアを一通り行っても、あまり改善が見られない場合は皮膚トラブルや他の要因からくる場合もあります。その場合は独自で判断せず、医療機関に相談して、ケアをすることが改善の早道です。

 

まとめ

 

足裏全体には皮脂腺がない為、普段からかかとは乾燥しやすく、ガサガサになりやすい部位です。かかとを日頃から清潔にし、ケアをすることでひび割れ防止となります。

また、軽石等で厚くなったかかとをケアする場合は一度に処理をしようとすると擦りすぎてしまい皮膚を痛めてしまうこともありますので、何日かに分けて行うことをお勧めします。

 

-美容
-,

執筆者:

関連記事

美肌には運動不足が大敵!美容に効果的な運動

美肌でいたいとは誰もが思うことでしょう。お肌の状態で見た目年齢が全然違って来ます。運動不足がお肌にどれだけ悪い影響を及ぼすのか?運動するとどんな効果があるのか?をご紹介します。   目次1 …

話題のアーユルヴェーダオイル「ギー」は健康と美容に無限の効果がある

最近、海外セレブをはじめ、日本でも芸能人や美容と健康に敏感な人たちの間で話題になっている「ギー(ghee)」という油をご存知ですか?今回は、このギーについて、無限に広がる驚くべき健康・美容効果をまとめ …

疲れやすい、イライラする…その症状、ビタミンB1不足かも!

飽食の時代と言われている現代ですが、潜在的なビタミンB1不足に陥る人が増えているといいます。ビタミンB1が不足すると脳がエネルギー不足になり、気持ちにも体にも不調が現れてしまいます。不足してしまう原因 …

たるみ毛穴に注意!放置していると○○毛穴に!?

毛穴の悩みは年齢とともに変化します。ある程度年齢を重ねて目立ってくるのはたるみ毛穴です。たるみ毛穴の原因はいくつかに分類されていますが、いずれの場合であっても、放置しているとさらに目立つようになり、改 …

毛穴の黒ずみ解消には●●が効果的だった!

毛穴の黒ずみが気になって、毎日入念に洗顔をしている人は要注意です。その洗顔はお肌を傷めていませんか?毛穴の黒ずみの原因と対処法をご紹介します。 関連記事はこちらベトナムの蓮茶は楊貴妃も愛飲した美肌と安 …