熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

美容 美肌

美肌には運動不足が大敵!美容に効果的な運動

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

美肌でいたいとは誰もが思うことでしょう。お肌の状態で見た目年齢が全然違って来ます。運動不足がお肌にどれだけ悪い影響を及ぼすのか?運動するとどんな効果があるのか?をご紹介します。

 

美肌に関連する3つの心得

美しいお肌は、見た目年齢が若くなりますしいろんなファッションを楽しむポイントにもなります。どんなに綺麗な服を着ても目の下にクマがあったりたるみが起きていたり、シミやシワ・ニキビがあると気分的にも、残念になってしまいます。年齢を重ねると、どうしてもお肌も老化して行きますが、少しでも遅らせるために、日常で行う事が出来る3つの基本があります。

 

  • 質の良い睡眠をとる
  • バランスの取れた食事を摂る
  • 適度な運動をする

 

この3つの基本が美肌づくりや老化を遅れさせるために大事になって来ます。今回は運動と美肌の関係についてご紹介して行きたいと思います。

 

運動不足がお肌に及ぼす影響

 

若い時には、多少バランスが崩れた食事をしていても寝不足をしていても、それほどお肌の調子が悪くなることはなく、崩れていてもすぐに回復することが出来るものですが、年齢を重ねて来るとそう簡単には回復しなくなって来ます。お肌のターンオーバーも年齢に応じて時間が必要になって来るのです。

 

大人になると意識的に運動をしないと、運動不足になってしまいます。特にデスクワークが多く通勤に自家用車を使っていると歩く距離が少なくなり運動不足になりがちです。そんな運動不足はお肌に悪影響を及ぼすことを知っていますか?

 

  1. 血行不足による新陳代謝の低下
  2. ホルモンバランスが乱れる
  3. ストレスがたまる
  4. 腹筋の筋力低下による便秘
  5. 不眠症になりやすい

1. 血行不足による新陳代謝の低下

 

運動をしなくなると血流が停滞し、末端まで暖かい血液が届きにくくなってしまい、血流が不足することになります。動くことで血流が身体の末端まで栄養を送ることが出来るのですが、運動不足になって血流が悪くなると新陳代謝も落ちてしまうことになります。充分な栄養素が細胞に届かないと正常な新陳代謝が行われなくなり、不要なものが細胞に溜まることになります。自律神経のバランスも悪くなりお肌が乾燥し、バリア機能も低下してしまいますので肌トラブルが起きやすい状態になります。

 

2.  ホルモンバランスが乱れる

 

運動することでホルモンの分泌が活発になりますが、運動不足になると逆にホルモンの分泌が低下してしまいます。ホルモンバランスの乱れはお肌に悪い影響を与える事になってしまいますので、くすみやシミ・シワ・ニキビが出来やすい状態になります。

 

3. ストレスがたまる

 

人間は動くように作られていますので運動をしない生活を続けているとストレスがたまるようになります。ストレスはホルモンバランスや自律神経に影響を及ぼしますので、お肌も悪い状態になってしまいます。

 

4. 腹筋の筋力低下による便秘

 

運動をしないと当然のことながら腹筋の筋力も低下して、お通じに影響を与えます。便秘になると腸内の善玉菌が減少し悪玉菌が増える事になります。悪玉菌が出す活性酸素がお肌を荒れさせたりニキビを作ったりしますし、身体の老化も加速させます。

 

5. 不眠症になりやすい

 

現代人は常に何かを考えてたり情報収集をしていたりと頭がフル稼働状態になっていることがあります。運動をしないと身体も疲れませんし、頭だけは動いているのでベッドに横になっても眠気が襲って来ない状態になります。特に寝る直前までスマートフォンなどを見ていると神経が起きてしまうので、なかなか寝付けないと言う事になり睡眠不足を招いてしまいます。

 

運動することで得られる効果

いつも忙しくて運動する時間が取れない・運動するより仕事しなくてはならない・仕事や家事さらに子育てをしているので自分にかまう暇がないなど運動出来ない理由は様々あると思います。ですが、上記の様に運動をしないと身体にいろんな悪影響があります。運動して得られる効果を知ると、運動しないと損だと思う様になるでしょう。

 

  • 血行促進出来るので新陳代謝が良くなる
  • ホルモンバランスが整い成長ホルモンの分泌が活発になる
  • ストレスに強くなり前向き思考になる
  • 筋力がアップし基礎代謝もアップする
  • 汗をかくのでデトックス出来る
  • 良質な睡眠がとれる

 

先程、運動不足のところで出てきたものと反対の効果があります。アメリカではスポーツ医学の分野でも運動には美肌効果があると科学的に証明されているそうです。もしかしたら若返り効果もあるかもしれないとありました。何かのスイッチがオンになって、お肌が綺麗になるのかもしれません。

 

運動のもたらす効果はお肌だけでなく健康面でも精神面でも効果がありますので、毎日いくらかの時間を自分のために運動をする時間として取ることをオススメします。運動して脂肪が燃焼し筋肉がついて来ると太りにくくなると言う嬉しい効果も得られます。

 

美肌効果を生む運動の種類

 

運動には大きく分けて2種類のタイプがあります。有酸素運動を筋肉トレーニング、この2つの違いとその効果についてお知らせしたいと思います。

 

有酸素運動

 

その名の通り酸素を身体に取り込む運動です。ウオーキング・ジョギング・水泳などがよく知られています。深い呼吸をして身体に酸素を取り込み。ゆっくりとエネルギー燃焼させる運動ですので、ある程度の時間継続して行う方が良い効果が得られます。目安は20分以上、1回で20分の時間が取れない場合は10分+10分と分けて行っても良いでしょう。理想は継続して20分以上なのですが、やらないよりやった方が良いので、時間を分けても行うようにしましょう。

 

ウオーキングであれば、すぐにでも行う事が出来ますし過激な運動ではありませんので、無理なくスタートすることが出来ます。少し早めの速度で息が上がるくらい、と言うのを目安に行うと効果的です。全く運動していなかった人がいきなりジョギングをするのはオススメ出来ません。ウオーキングからスタートして慣れて来たらジョギングに切り替えると言う様に段階的に行うようにしましょう。

 

有酸素運動を行うと成長ホルモンの分泌が活発になりますので美肌効果があります。脳の神経伝達物質の改善が出来るので肌も活性化すると言われています。

 

筋肉トレーニング

 

その名の通り筋肉を鍛える運動のことです。身体に負荷をかけて筋肉を鍛えますので無酸素運動とも呼ばれています。ダンベル体操や加圧トレーニングがよく知られています。ダンベル体操を行う時には軽いものからスタートし慣れて来たら重いものにして行くと言うように、ステップアップして行くようにしましょう。いきなり重いダンベルを使うと関節を痛める事もありますので、無理なく扱える重さのものを選んでスタートしましょう。

 

女性であれば、500mlのペットボトルをダンベルの代わりに使って行うのも良いでしょう。コツはゆっくりとチカラをかけて行うことです。スピーディに行うとトレーニング効果が少ないので、なるべくゆっくりと行う様にしましょう。

 

筋肉トレーニングは無酸素運動になりますので、活性酸素を生成することがほぼないと言えます。筋肉がつきますので、静脈の動きが良くなります。新陳代謝が活発になるので、お肌にも良い効果を与えます。

 

理想は筋トレと有酸素運動の両方を行うことですが、時間が取れない場合はどちらか一方でも良いので、毎日継続して行うようにしましょう。

 

無理なくスタート出来る運動

運動がお肌に良いのは分かったけど、どうも苦手と言う人にも無理なくスタート出来る運動をいくつかご紹介しましょう。

 

軽めのストレッチ・・・寝る前や起きた時、ベッドの上で身体をぐ~んと伸ばしましょう

雑巾がけ・・・身体全部を使うので、思った以上に運動になります

なるべく歩く・・・社内では階段・通勤は1駅歩くなど上手く時間を調節して運動しましょう

 

お風呂上がりにストレッチを行うのも良いでしょう。苦手な運動も少しであれば続ける事が出来ますので、何か1つチャレンジしてみましょう。

 

運動を行う時の注意するポイント

 

どうせ行うのであれば効果が高い方が良いので、ここでは注意した方が良いポイントをお知らせします。

 

運動の前後に水分補給をする・・・運動すると汗をかきますので、運動する前にコップ1杯の水を飲んでスタートし終わった後にもコップ1杯の水を飲んで失った水分を補いましょう。

汗は優しく拭き取る・・・ついゴシゴシと拭きたくなりますが、お肌のダメージになりますので押さえるように優しく汗を拭き取りましょう。

服装・・・トレーニングウエアの様に伸縮性が良くゆったりしている服装で運動するようにしましょう。

メイクはしない・・・メイクをしたまま運動をすると毛穴にメイクが詰まってしまいますのでノーメイクで行いましょう。

激しい運動・・・激しい運動して大量に酸素を取り込むと活性酸素が作られ老化を進めるので注意しましょう。

寝る前の運動・・・運動をすると神経が興奮状態になり寝付きが悪くなりますので、寝る3時間以内の運動はしないようにしましょう。

 

メンケン反応が起こることがある

 

メンケン反応とは東洋医学の用語で、簡単に言うと良くなっているから出る反応のことです。今まで運動を全くしなかった人が、運動をした事で肌荒れを起こした場合、血流が良くなった事で吹き出物が出来てデトックスしていると言う状態になります。体内にたまっていた不要な物を体外に出したととらえて運動を継続して行きましょう。

 

吹き出物が出来たから運動は良くないとやめてしまうともったいないので、メンケン反応だととらえて運動を継続して行きましょう。メンケン反応が出たと言う事は良い方向に向かっているのです。一時的に肌荒れしても身体の老廃物が出てしまったら消えます。

 

まとめ

 

運動をすると美肌効果があると言われていますが、実際に運動不足でお肌が荒れてしまっている人も多いのではないでしょうか。子供のころには、暇を持て余していたのに大人になると、あれこれやることが多くて、ゆっくり運動なんてしていられないと思う時があります。しかし、人間は動くように作られていますので、運動をしないとイライラする事もありますし、老化が進んでしまうとも言われています。

 

運動すると美肌効果だけでなく健康的になって太りにくくなりますし精神的にもストレスがたまらないので穏やかでいられます。運動の効果は大きいので1日20分、自分のために運動する時間として作る様にして行きましょう。

 

-美容, 美肌
-,

執筆者:

関連記事

左右の頬にうっすらとしたシミが!これって肝斑?

若い頃に紫外線を直接浴び続けていると、年齢を重ねたのちにシミとなって表面に浮き上がってくることがあります。この状態は光老化と呼ばれ、化粧品によるケアや食品によるケアである程度まで改善することができます …

シミを薄くする化粧品を知りたい!どんな成分がおすすめなの?

できてしまったシミは、どのような種類であっても薄くするのに時間がかかります。特にできてから年数が経過しているシミはなかなか薄くなりませんが、適切な成分でケアをすれば、多かれ少なかれ薄くすることは可能で …

汗で身体がかゆくなる原因とかゆみ対策基礎知識

汗をかくと身体がかゆくなると言う状態になっていませんか?子供の頃は何ともなかったのに大人になってから汗でかゆみが起きるその原因とは?かゆみに対してどのような対策が行えるのかをご紹介します。 関連記事は …

かかとのガサガサ…症状と自宅で行う対処法

かかとが荒れていてガサガサしているとストッキングが引っかかって伝染してしまったり、酷い時にはひび割れで痛くなったりします。かかとのガサガサで自分がどの症状でどんな原因であるかを知り、それに合った対処を …

疲れやすい、イライラする…その症状、ビタミンB1不足かも!

飽食の時代と言われている現代ですが、潜在的なビタミンB1不足に陥る人が増えているといいます。ビタミンB1が不足すると脳がエネルギー不足になり、気持ちにも体にも不調が現れてしまいます。不足してしまう原因 …