熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

美容

美肌作りには食事と良い生活習慣が重要!

投稿日:2018年1月28日 更新日:

                                   
                                                                         
                                  

お肌の綺麗な人はどう言う生活をしているのでしょう?食事や生活習慣が整っている人は同じ年齢でも若く見えます。お肌に良い食品などをご紹介します。

食事と身体の関係は?

私達の身体は食べ物で作られています。痩せている・太っている・ちょうど良いなど、現在の体型・お肌や健康の状態は今まで食べて来た食品で変わって来ます。どんな食べ物をどのくらい食べているかは思っている以上に大切なことなのです。

 

学校給食やお弁当、学生時代や実家で生活をしている時には、栄養バランスを考えてくれる人がいますので、一人暮らしをしている時より栄養バランスが取れている食生活をしています。一人暮らしをして、きちんと自分で食事を作っていれば、それなりにバランスが取れているかもしれませんが、自由に食事を摂っていると好きな食べ物に偏ってしまう事もあります。

 

逆に太っているからと、無理なダイエットをして必要な栄養を摂らない場合は、健康状態に悪い影響を及ばすことがありますので、食事を極端に減らすダイエットはオススメ出来ません。

 

私達の身体に必要な栄養をきちんと摂らないと健康にもお肌の状態にも影響が出て来ますし、行き過ぎた食事制限をしていると取り返しのつかない状態になる事もあります。

 

肌トラブルは6種類

 

お肌のトラブルに悩まされる事がありますが、その種類は大きく分けると6つに分類されます。各々の肌トラブルに効果的な栄養素とそれを多く含む食品をご紹介します。

 

ニキビ

 

お肌にポツポツと赤いニキビや白いニキビがあると、人に見られる顔の場合、すごく気になるものです。体質によってニキビが出来やすい人と出来にくい人に分かれます。

 

ニキビは皮脂と関連が深いので皮脂をコントロールすることが出来る栄養素を摂ると良いでしょう。

 

  • ビタミンB2・ビタミンB6・・・脂質の代謝を促す
  • ビタミンAやβカロチン・・・皮脂の分泌を抑制
  • ビタミンC・・・抗酸化
  • 食物繊維・・・腸の掃除
  • 発酵食品・・・腸内環境を整える

 

オイリー肌

 

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンA
  • βカロチン

 

乾燥肌

 

  • タンパク質
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • オメガ3系脂肪酸(DHA・EPA)

 

しわ・たるみ

 

  • タンパク質
  • ビタミンC
  • 亜鉛

 

美白

 

  • ビタミンC

 

くすみ

 

  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • ビタミンC

それぞれの悩みに良い栄養素を多く含む食品

ビタミンB2を多く含む食品

 

豚レバー・牛レバー・鶏レバー・鶏はつ・豚はつ・牛はつ・いかなご・うなぎ肝・うなぎ蒲焼き・生うずら卵・カモ・粒うに・すじこ

 

ビタミンB6を多く含む食品

 

にんにく・ビンチョウマグロ・酒粕・牛レバー・まぐろ赤身・まぐろ脂身・秋かつお・春かつお・鶏挽き肉・いわし丸干し・鮭・きはだまぐろ

 

ビタミンAを多く含む食品

 

鶏レバー・豚レバー・あんこうの肝・うなぎ肝・うなぎ蒲焼き・生ほたるいか・牛レバー・銀だら・あなご・しそ・モロヘイヤ・人参・鶏はつ

 

βカロチンを多く含む食品

 

しそ・モロヘイヤ・人参・パセリ・バジル・茹でたほうれん草・生明日葉・茹でた春菊・よもぎ・大根の葉・糸三つ葉・かぼちゃ・高菜漬け物

 

ビタミンCを多く含む食品

 

赤ピーマン・黃ピーマン・ゆずの皮・アセロラジュース・パセリ・芽キャベツ・レモン・茄子の辛子漬け・ケール・からし菜漬物・ピーマン・ゴーヤ

 

ビタミンEを多く含む食品

 

あんこうの肝・筋子・キャビア・いくら・養殖あゆ・イワシの油漬け・焼きタラコ・生タラコ・明太子・モロヘイヤ・サウザンアイランドドレッシング

 

食物繊維を多く含む食品

 

水溶性食物繊維・・・エシャロット・にんにく・ゆずの皮・百合根・ゴボウ・納豆・金柑・豆味噌・レモン・ひきわり納豆・アボガド

 

不溶性食物繊維・・・茹でインゲン・茹でひよこ豆・おから・茹であずき・紫蘇の実・栗・茹でえんどう豆・紅花いんげん・よもぎ・こしあん・しそ・とんぶり

 

タンパク質を多く含む食品

 

半乾燥のしらす干し・いわしの丸干・いくら・筋子・牛スジ・焼きタラコ・焼いた鯵・蛤佃煮・天然あゆ・赤身本マグロ・キャビア・ビンチョウマグロ・春かつお・焼いたイワシ

 

オメガ3系脂肪酸(DHA・EPA)を多く含む食品

 

ブリ・サンマ・真鯖・カツオ・マイワシ・鯵・サバ・真鯛などの背の青い魚

鉄を多く含む食品

 

豚レバー・鶏レバー・パセリ・蛤佃煮・牛せんまい・豆味噌・卵黄・ホヤ・焼いたあゆ・シジミ・鶏はつ・赤貝

 

亜鉛を多く含む食品

 

生牡蠣・豚レバー・ホヤ・牛肩肉・カニ缶・牛肩ロース・牛テール・タイラガイ・牛ヒレ・卵黄・蛤佃煮・牛ミノ・牛腿・タラバガニ

 

発酵食品

 

納豆・醤油・味噌・ぬか漬け・キムチ・ヨーグルト・チーズ・酒粕・ミリン・甘酒など

 

肌トラブルになりやすい食品

砂糖・過剰な塩分・ナッツの食べ過ぎ・炭水化物の摂り過ぎは、お肌のトラブルを起こす原因となることがあります。糖分や糖質の過剰摂取は糖化と言う現象を起こし、お肌の老化を加速させます。

 

お肌のハリがなくなり、たるみ・乾燥・シミが出来てお肌が固くなる事があります。どんな食品も適量を超えて摂ると健康を損なったり、お肌のトラブルを起こす事になりますので、摂り過ぎに注意して満遍なく栄養を摂る様に心がけることが大事です。

 

お肌を整える生活に切り替える

 

腸内環境を整える

 

便秘や下痢などお腹のトラブルもお肌が荒れる原因になってしまいます。食物繊維を多く含む食品や発酵食品・果物を上手に普段の食生活に取り入れて腸内環境を整える事も必要です。

 

栄養バランスを考える

 

何か1種類の食品をたくさん食べるより、満遍なくいろんな食品を摂ると栄養バランスが取れます。ダイエットで炭水化物やタンパク質を極端に制限すると、体重は減るかもしれませんがお肌の栄養が不足して老化する事につながります。

 

毎日の食事が身体を作りお肌を整えますので、栄養バランスには注意して食事を摂るようにしましょう。

 

生活習慣を改善する

 

現代人は忙しくて、運動や睡眠が不足する生活をしている人が多くいます。特に、会社勤めをしているとデスクワークが多くなり運動する時間が取れないと言う事もあるでしょう。

 

会社によっては2階までは階段を使うところもありますし、都会であれば最寄り駅の1駅前で下車して歩く事も出来ます。流石に田舎で1駅分歩くのは距離が多いので難しいかもしれませんが意識して歩くようにすると運動になります。

 

主婦であれば家事労働をしながら、運動をする事も出来ます。例えば家の中をつま先立ちで歩く、床掃除は雑巾がけをするなど、少し工夫すれば運動する事が可能になります。

 

また夜更かしをしている人は朝型の生活に変えて行くようにしましょう。夜眠っている時間に身体が細胞を修復しますので、なるべく夜10時から夜中の2時までの間はしっかり眠っている状態になるように就寝すると良いでしょう。

 

まとめ

 

いつの間にかシミやしわが出来ているのに気づいたら、けっこうショックを受けるのが女性です。普段から食事や生活習慣に気を付けて少しでも老化を遅らせる様にしたいものです。

 

お肌は、内側から80%外側から20%と言う比率で変化していると言われます。食生活を改善すると、お肌の状態も良くなります。高価な化粧品を使うのも良いですが、内側から整える事も忘れないようにして行きましょう。

 

 

 

-美容
-,

執筆者:

関連記事

毛穴の黒ずみ解消には●●が効果的だった!

毛穴の黒ずみが気になって、毎日入念に洗顔をしている人は要注意です。その洗顔はお肌を傷めていませんか?毛穴の黒ずみの原因と対処法をご紹介します。 関連記事はこちらベトナムの蓮茶は楊貴妃も愛飲した美肌と安 …

美肌には運動不足が大敵!美容に効果的な運動

美肌でいたいとは誰もが思うことでしょう。お肌の状態で見た目年齢が全然違って来ます。運動不足がお肌にどれだけ悪い影響を及ぼすのか?運動するとどんな効果があるのか?をご紹介します。   目次1 …

シワ 口の周り

どうして口周りにしわができるの?原因と改善法を知って笑顔美人に!

しわといえば、さまざまな場所にできるのですが、とくに口周りのしわは見た目年齢を老けさせてしまいます。口周りは、どうしても顔のたるみがたまってしまう場所なので、細かいしわができやすい部分でもあります。今 …

たるみ毛穴に注意!放置していると○○毛穴に!?

毛穴の悩みは年齢とともに変化します。ある程度年齢を重ねて目立ってくるのはたるみ毛穴です。たるみ毛穴の原因はいくつかに分類されていますが、いずれの場合であっても、放置しているとさらに目立つようになり、改 …

爪の縦線はなぜできるの?縦線を予防・改善するために自分でできるケアの方法

40歳を過ぎた頃から、爪の縦線に悩む人が急増します。そして放置していると、どんどん縦線が深く刻まれてしまいます。今回は縦線の原因と、予防・改善方法として、自分でできるケアと、日常で意識することをまとめ …