熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

健康 熟女世代

更年期やたらと眠い症状を軽減する4つの方法

投稿日:

                                   
                                                                         
                                  

閉経する時期に何だか、ものすごく眠くて、起きていられない状態になることがあります。閉経時に当たる更年期、女性はいろんな症状を感じます。眠くなる原因や対処方法をご紹介します。

更年期の女性

 

だいたい45~55歳くらいの10年間が閉経に伴う症状が現れる時期で、更年期障害と言う名称で一般に知られています。その症状はさまざまで、筆者の知っている女性でめまいがして立っていられないと言う方がいる一方、特に何も感じなかったと言う人もいます。

 

筆者の場合は1年間くらい妙に眠いなぁと思う時期がありました。今考えてみると、あれも更年期障害の症状だったと思えます。とにかく眠くて、家にいる時は寝ている事が多かったです。

 

一般的な更年期障害の症状

 

  • 変に汗をかく
  • めまい
  • 耳鳴り(ひどい人もいます)
  • 頭痛
  • 顔がほてる
  • 動悸
  • 息切れ
  • 脈がはやい
  • 生理不順(止まったと思ったら生理が来ます)
  • 血圧が上がる
  • 低血圧
  • すごく眠い
  • 尿失禁(軽い)
  • 関節痛
  • 倦怠感
  • その他

 

閉経に伴い女性ホルモンの分泌が少なくなることでいろんな症状が出て来ます。

 

気持ちの方の症状

 

  • イラつく
  • 不安を感じる
  • うつっぽい
  • 気力がわかない

 

女性ホルモンは身体にも心にも影響を及ぼすホルモンです。

 

更年期の女性の身体

更年期に当たる時期の女性の身体は女性ホルモンの1つであるエストロゲンが減少して行くと同時に生理の周期が乱れます。生理があった月から数ヶ月後に次の生理が来ると言う様に、若い時の生理不順とは異なる状態になります。

 

加齢が原因でエストロゲンが減るのは自然な事で女性であれば誰もが通る道だと言えます。この時期には大豆製品を多く摂る様にすると女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれていますので、症状の予防につながります。

 

眠気の原因

 

眠気の原因は2つ、年を重ねる事でノンレム睡眠が減ると言う原因が考えられます。脳を休めるノンレム睡眠が減ると眠り足りないと身体が感じて眠気を引き起こしますので、更年期障害の症状がない場合は加齢が原因かもしれません。

 

更年期障害が原因になっている場合は身体の変調が睡眠の不調を招いていると言えます。眠っている時に、のぼせや発汗があると不快に感じて熟睡出来なくなります。また寝付きが悪くて睡眠の質が悪くなり、その分日中に眠くなると言う悪循環になります。

 

眠気を根本から改善する4つの方法

 

昼間の眠気を改善する4つの方法をご紹介します。

 

  • 眠りのリズムを調整する
  • 有酸素運動をする
  • 体温をコントロールする
  • ストレスを軽減する

 

眠りのリズムを調整する

 

人間は年を重ねることで、体内にある時計に狂いが生じると言うお話があります。改善するために太陽光を浴びるのが大事です。眠いからと家に引きこもっていると体内時計がリセット出来ないので、眠気から解放されなくなり、悪循環の生活を繰り返す事になります。

 

昼にしっかりと身体を動かすと、それなりに疲れますので夜ぐっすり眠ることが出来ます。ダラダラと夜更かしをして睡眠のリズムが狂わない様に、昼間は動く様にしましょう。

 

生活のリズムが狂いやすい休日、寝坊してもリズムが狂わないのはいつもの睡眠時間+1時間なのだそうです。あまり遅くまで寝ていると、夜に眠くなくなり、いつまでも起きている事になりかねません。どうしても眠い時は上手に昼寝を取り入れましょう。

 

有酸素運動をする

 

1番取り組みやすい有酸素運動が散歩です。少し早歩きをすると効率よく運動が出来ます。普段、運動をしていない人でも歩く事で運動になりますので、1日20分を目安にして歩くようにしましょう。

 

適度な運動は更年期障害の症状も少し楽にしてくれると言われていますし、運動をしないまま過ごしていると体力も低下しますし、筋肉も衰えていきます。適度に運動することで健康にも良い効果があります。

 

体温をコントロールする

 

夜寝ている時に、ほてりや発汗で不快に感じ目が覚めるので睡眠不足になります。入浴を上手く活用する事が出来ます。入浴温度が42度くらいで高いと疲れが取れますが神経が休まりませんので、40度くらいの温度でゆったりと入浴するとリラックス効果があり、しっかりと温まります。リラックスすると副交感神経が優位になり眠気を誘います。

 

食事を摂ってから30分以上、時間を空けて入浴するようにしましょう。食後すぐに入浴すると消化に集中している身体が混乱しますので、お腹が落ち着く頃に入浴する方が良いでしょう。

 

ストレスを軽減する

 

普段の生活や仕事でストレスを感じる事が多くなると更年期障害にも影響があります。心と身体はつながっていますので、精神的に苦しい思いをすると、身体も不健康になって行きます。上手にストレスを発散するために趣味を持つ様にすると良いでしょう。

 

まとめ

 

更年期の症状は、人から見て分からないものも多くあります。辛い症状があっても理解を得られないと、さらに苦しく感じてしまいます。ひどい眠気を感じる時には車の運転を避けて、他の交通機関で移動するようにしましょう。

 

家族に話をして理解して貰うことも大切です。家族の助けがあると、苦しい症状も乗り越える事が出来ます。無理に全部自分でしようと思わないで家族の助けを求めるようにして、上手く更年期を乗り切って行きましょう。

 

筆者も更年期の症状がひどい眠気で、家にいる時寝ている事が多かったのですが、子どもたちが助けてくれたので、少し楽に乗り切る事が出来ました。更年期のどうしようもない眠気、寝ていられない時もありますので、上手くコントロール出来るように、記事を参考にして頂ければと思います。

-健康, 熟女世代
-,

執筆者:

関連記事

花粉症のつらい症状を和らげるには? セルフケアと薬による治療法

今や4人に1人は花粉症の症状に悩まされていると言われ、その数は年々増えています。今回は、花粉症を発症するメカニズムや、自分でできる花粉症対策と、薬による対策についてまとめてみました。 関連記事はこちら …

40代からの肩こりに効く3つのスッキリセルフケア

肩こりの主な原因は何なのでしょう?凝りがひどくなると本当に辛いものです。コリに効いてスッキリするセルフケアの方法をご紹介します。 関連記事はこちら女性が辛い肩凝りに悩まなくなるライフスタイルのススメ5 …

夏バテにならないための7つのセルフケア

梅雨が過ぎたあたりから急に外は暑い日が続き、室内はどこでもエアコンが寒いぐらい効いています。その影響で身体が冷えて、疲れやすくなっています。気が付けば、食事の量もいつもの半分ぐらいになっていることもあ …

歯茎が下がる原因は毎日の●●●にあった!

あれ、いつの間にか歯茎が下がってきた?年齢とともに歯茎が下がって歯が伸びたように感じる方も多いでしょう。歯茎が下がるのにはいくつかの原因があります。その中には、毎日日常的に行われているあることも含まれ …

疲れやすい、イライラする…その症状、ビタミンB1不足かも!

飽食の時代と言われている現代ですが、潜在的なビタミンB1不足に陥る人が増えているといいます。ビタミンB1が不足すると脳がエネルギー不足になり、気持ちにも体にも不調が現れてしまいます。不足してしまう原因 …