熟女世代のために健康美を追究する情報サイト

ベトナム人女性の健康美の秘密をサプリメントに詰め込み日本の女性の美熟女化を促進するために様々な情報を、ベトナムビューティー株式会社がお届けします!

健康

更年期障害とバセドウ症は似ているようで全然違う

投稿日:2018年1月7日 更新日:

                                   
                                                                         
                                  

更年期障害とよく似た症状があらわれるバセドウ症、それぞれの特徴や違いは何なのでしょう?どうやって見分ければ良いのかも合わせてご紹介します。

 

更年期障害とバセドウ症

 

更年期障害もバセドウ性もホルモンに関するものであると言うところは同じですが、更年期障害は女性ホルモン・バセドウ症は甲状腺ホルモンの分泌量に関係するものです。それぞれの共通点や違いについて見て行きましょう。

 

更年期障害

 

更年期障害は女性の場合、閉経時の前後10年にいろんな症状を伴って出て来るもので自然の流れです。閉経する前後に女性ホルモンの分泌が減少する事で、バランスが崩れて人それぞれ様々な症状が現れてきますし、全く何の自覚症状がないと言う人もいます。一般的には40代後半から50代にかけて更年期になると言われています。閉経は個人差がありますので、この期間に当てはまらない人もいます。更年期の原因については以下の記事を参考にしてください。

 

 

バセドウ症

バセドウ症は、通称で正式な名称は甲状腺機能亢進症と言います。甲状腺ホルモンが過剰に分泌され様々な症状が出て来ます。更年期障害が自然になるものだとすれば、バセドウ症は病気です。筆者も甲状腺機能亢進症ですので、その症状は身を持って知っています。多汗・動悸・手の震え・喉の腫れ・眼球突出などが主な症状です。特に動悸は苦しくて何もしていない平静な状態で脈拍120と言う時もありました。新陳代謝が良くなりすぎるので食べても太らないですし、食べない人は痩せていきます。

 

甲状腺の病気はこの他に甲状腺機能低下症と橋本病と言うものがあります。甲状腺機能低下症は、亢進性とは逆に甲状腺ホルモンが少なくなる病です。低下症の代表的なものである橋本病は自分自身の甲状腺を異物とみなし甲状腺そのものを破壊してしまうのでホルモンの低下が起こります。

 

女性ホルモンと甲状腺ホルモンの違い

 

同じ内分泌系のホルモンですが、女性ホルモンの働きと甲状腺ホルモンの働きそれぞれを見てみましょう。

女性ホルモン

 

女性ホルモンの働きで一般的に知られているのが、女性が子供を育てる子宮や赤ちゃんにお乳を与える胸などに関連するホルモンであると言う事です。生理や妊娠・出産からお肌や精神的なものまで、女性ホルモンは様々なところに影響を及ぼします。女性の健康に大きく関わるホルモンだと言えます。

 

甲状腺ホルモン

 

甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝を活発にし、神経や身体の活動に影響を及ぼします。食品のヨードから作られるホルモンで、喉にある蝶の様な形をした甲状腺にホルモンがあり、甲状腺の異常はこの部分の腫れで分かることがあります。筆者も祖母が喉の腫れに気づいて甲状腺の病気だと分かりました。

 

甲状腺の病気の見分け方

 

更年期障害なのか、甲状腺の異常なのかを見分ける方法は以下の項目に該当するかどうかです。自己診断でチェックしてみて、たくさん当てはまる項目がある場合は、医療機関で「甲状腺」の血液検査をすれば、確実に分かります。参考までに筆者は更新の場合の全ての症状がありました。

亢進の場合の症状

 

以下の症状がある時は甲状腺機能亢進性の可能性があります。

  • 心臓がドキドキする
  • 汗が多く出る
  • イライラする
  • 手が震える
  • 良く食べる
  • 痩せる
  • 凄く食べても太らない
  • 日常的に下痢になっている
  • 月経不順
  • 気温に関係なく暑がる
  • 何もしていなくても疲れやすい
  • 特に運動していないのに息切れする

 

低下の場合の症状

 

以下の症状がある時は甲状腺機能低下症の可能性があります。

  • 疲れを感じる
  • 浮腫(むくみ)がある
  • 肌が乾燥する
  • 体毛が抜ける
  • 食事量が変わらないのに体重が増える
  • 声がかれる
  • 気温に関係なく寒がる
  • 便秘になる
  • 気力がわかない
  • 月経異常
  • 傾眠になる

治療方法

 

甲状腺機能亢進性の場合は薬を飲んで甲状腺ホルモンをコントロールする・放射線アイソトープを使う・手術をすると言う3つの方法があります。筆者の主治医が言っていた事が参考になると思います。「放射線アイソトープを使うと正常な細胞を壊す可能性があり、手術をすると将来ホルモンが足りなくなる事がある。薬でのコントロールは適量を探すのに少し時間がかかるし一生飲む必要があるかもしれない。」このお話は筆者が高校生の時のお話で今から38年前の医師の言葉ですので現在は医療の進歩で状況が違うかもしれません。

 

おかしいなと思ったら、医療機関で血液検査をすると甲状腺に異常があるかどうかは、すぐに分かります。何か変だと感じられたら医師に相談されることをオススメします。

 

まとめ

 

更年期障害とバセドウ症、似たような症状があるのは事実ですが、背景は全く異なります。更年期障害は軽くても重くても女性であれば、誰もが通る自然のものです。

 

一方バセドウ症は、明らかに病気ですし、更年期の時期にだけなるものではありません。自分で何だかおかしいと思ったらすぐに、病院で検査をされる事をオススメします。

 

甲状腺の病気は自然に治ると言うのは難しく、バセドウ症は少し面倒でも薬を飲んでいれば症状が出て来ません。血液検査を受ける事でバセドウ症かどうか分かりますので、無理をせず検査を受けに行きましょう。何もなければ安心ですし、あれば適切な治療を受けられますので、動悸や手の震え・だるさも楽になります。

-健康
-,

執筆者:

関連記事

巻き爪の原因とセルフ矯正可能な市販グッズ

  巻き爪になっていると少しつま先をぶつけただけで、凄い痛みを感じます。足の見た目が悪くなるだけでなく、ひどくなると出血したり化膿したりする場合もあります。この原因とセルフ矯正をすることが出 …

老化防止に期待!今注目の栄養素フィトケミカル

優れた抗酸化作用を持つと言われているフィトケミカルは、老化現象の防止と深く関わっています。抗酸化力とは何か、どのように摂取するのか望ましいのかをひもといて説明していきましょう。 関連記事はこちら酵素不 …

お金も時間もかけずに楽しみながらできる簡単デトックス

私たちは生きている限り老廃物や腐敗物質が、体の中で作られてしまいます。また、生活をしている限り、どうしても体に有害な物質を取り込んでしまいます。これらの毒素による悪い影響を減らすために、体の外に出すの …

夏バテにならないための7つのセルフケア

梅雨が過ぎたあたりから急に外は暑い日が続き、室内はどこでもエアコンが寒いぐらい効いています。その影響で身体が冷えて、疲れやすくなっています。気が付けば、食事の量もいつもの半分ぐらいになっていることもあ …

ダイエットが上手くいかない理由と3ステップの成功法

多くの女性がダイエットにチャレンジしていますが、何故成功する人と失敗する人がいるのでしょうか?失敗する理由と効率の良いダイエット方法をご紹介します。 関連記事はこちら梅ぼしを食べるだけでやせる!運動な …